そら

そらちゃん 男の子(当時5歳)

そらちゃん
ニックネーム そあら
都道府県 愛知県
どうぶつのお名前 そらちゃん
どうぶつの種類
品種 パグ
性別 男の子
闘病日記ID No301
疾病名(大分類) 眼の病気
疾病名(小分類) 緑内障
主症状 目が白く濁っている
症状を初めて確認した状態 左目が、白いかな?と気になったのは今年の6月頃。
でも、その頃は、光の加減なのか実際に白いのか判別できないくらいでした。
その後8月に病院に行ったついでに診てもらうも、まだそんなに気にするレベルじゃないですよとのことでホッとしました。
ところが、11月の終わりから12月の始めにかけての2週間で一気に白いとはっきりわかるほどに!
動物病院に行く直前の状態 その日は夕方病院に連れて行く予定をして、昼間2時間ほどお留守番をさせ、帰宅したら、涙を流し、目も開けられず、ブルブル震えてうずくまっていました。
そのまま慌てて病院に行きました。
初回通院月 2013年12月頃
診察・検診・治療内容 幸いかかりつけの病院には、目が専門の先生がみえたので、少し診てもらっただけで、緑内障という診断をもらいました。
そのままエコーなど、いろいろ検査して頂き、急速に進んだ白内障から緑内障になり、そこにまたぶどう膜炎も併発しているやっかいな状態とのことでした。
ともかく上がった眼圧を下げないといけないと言うことで、注射を2本と、目薬をしていただきました。
目薬は本当は3種類をして欲しいと言われたけど、目薬が苦手なので、1種類と飲み薬で対応。
あとは通院で注射を目薬することに。
手術直前の状態・手術内容
使用したお薬 ラタノプロスト点眼液
現在の状態 治療中  薬が効いて、眼圧はすぐ下がり、引き続きぶどう膜炎の治療も進めています。
3日間は毎日通院しましたが、今後は週1,2日で良くなりそうです。
緑内障は完治しない病気なので、ともかく興奮は極力させず、眼圧を上げないことが必須です。
あと、残された右目も高い確率で同じ状態になるそうなので、なんとしても右目の視力を守りたいです。
通院・入院総日数 4日
完治までの治療期間
手術の有無 無し
総費用 3万円未満
予防への取組み 興奮させないこと、家ではカラーをつけて、目をこすったりさせないようにしています。
同じ病気のお友達にひとこと まだなったばかりなので、何もアドバイスできません。 むしろ教えて欲しいことばかりです(涙)
写真(患部の写真など)

    みなさんからのコメント

    コメントを投稿する