グレン

グレンちゃん 男の子(当時2歳)

グレンちゃん
ニックネーム マヤビー
都道府県 神奈川県
どうぶつのお名前 グレンちゃん
どうぶつの種類
品種 ノルウェージャン・フォレスト・キャット
性別 男の子
闘病日記ID No229
疾病名(大分類) 泌尿器の病気
疾病名(小分類) 尿石症
主症状 トイレの回数が多い
症状を初めて確認した状態 何度もトイレに出入りして、少量のおしっこをし始めた。落ち着かなくなった。
動物病院に行く直前の状態 トイレに出たり入ったり落ち着かなくバタバタしたので、すぐに連れて行った。
初回通院月 2011年09月頃
診察・検診・治療内容 連れて行くと病院にビックリしたのか、その衝撃?で尿道が詰まりカテーテルを入れて詰まりを取り、尿検査。
シュウ酸カルシウムが見つかる。シュウ酸カルシウムは小さくならないので、小さいうちに尿で出すために、抗生物質と漢方で利尿を促す。フードもphコントロール(ロイヤルカナン)のものにする。しかしフード、抗生物質が合わなかったのか、一向に良くならず数値も下がらず、シュウ酸が大きくなっているようで膀胱炎(血尿)も併発する。3か月ほどその状態が続き手術するしかなく、手術しました。
手術直前の状態・手術内容
使用したお薬 抗生物質(サワシリン250)(オーレキシンドライシロップ500)
トラネキサム酸錠
猪苓湯
現在の状態 完治  
通院・入院総日数 30日
完治までの治療期間 6ヶ月以内
手術の有無 有り
総費用 10万円未満
予防への取組み 原因としては引っ越しして来客が多かったことが、ストレスになり、発症したと思われるので、ストレスを与えないようにしています。あと尿検査を定期的にしています。フードは通常のものを食べさせています。phコントロールフードは食べなかったので。
同じ病気のお友達にひとこと かなり本人も飼い主も根気がいる病気で大変ですが頑張ってください。あと、手術を受けるのも私もかなり悩みましたが、出てきた石を見るとどんなに痛かったのかと、もっと早く取り出してあげてたらと思いました。手術も一つの選択です。信頼できる先生でしたら託してもいいと思います。うちは先生の腕が良かったので傷跡も小さく長毛なので目立ちません。今ではぴんぴん元気にしています。
写真(患部の写真など) グレンちゃん グレンちゃん

    みなさんからのコメント

    コメントを投稿する