ポロン

ポロンちゃん 女の子(当時2歳)

ポロンちゃん
ニックネーム マユコツ
都道府県 東京都
どうぶつのお名前 ポロンちゃん
どうぶつの種類
品種 チワワ
性別 女の子
闘病日記ID No176
疾病名(大分類) 骨・関節・筋肉の病気
疾病名(小分類) 膝蓋骨脱臼
主症状 足を挙げてあるく
症状を初めて確認した状態 お散歩中に左の後足を挙げて歩いていた為、足の裏にケガをしたのかと思い肉球などを確認。
しかし、足に外傷はなくどうして足を挙げて歩いているのか不明。家へ戻り様子をみることにした。
動物病院に行く直前の状態 散歩から戻っても、左の後足をかばって歩いており、家族が左の後足を触ろうとすると極端に嫌がった為、やはりおかしいと思いすぐに病院へ連れていった。
初回通院月 2010年03月頃
診察・検診・治療内容 病院では先生に状況を説明し、触診を受け、膝蓋骨脱臼であると診断を受けた。
また、かばっていたのは左後足だったが、実際は右後足も膝蓋骨脱臼であったことがわかった。
膝蓋骨脱臼は症状の進行度合いや動物の年齢によって治療方法が変わってくるとのこと。
うちの子は進行度合いは「中」ぐらいで、手術しても再発する可能性があるとのこと。また手術するには年齢が高いとのことで経過を観察する事になった。
手術直前の状態・手術内容
使用したお薬 特になし
現在の状態 経過観察中  現在は、足を挙げて歩く事もなくなり、痛がる様子も見られない。
しかし、抱きかかえたりするとポキっと音が鳴ることがあり完治はしていない様子。
予防接種時など病院に行く際には症状が悪化していないかの診察を受けている。
通院・入院総日数 4日
完治までの治療期間 1年以上
手術の有無 無し
総費用 3万円未満
予防への取組み ①フローリングにカーペットをはり、足を滑らせないようにしている。
②ソファーやベットの横に踏み台を置き高い場所へのジャンプや高い場所からのジャンプをさせない様にしている。
③階段の上り下りはさせず抱きかかえて移動するようにしている。
④体重が増えると足への負担がかかるため、太らせないように食事やおやつの量を制限している。
同じ病気のお友達にひとこと 小型犬によくみられる病気のようです。少しの変化を見逃さず出来るだけ早く病院で診断を受けることをおすすめします。
写真(患部の写真など)

    みなさんからのコメント

    コメントを投稿する