シェットランド・シープドッグ

詳細




「シェルティー」という愛称を持つこの犬種は、その昔、シェットランド諸島で牧羊犬として活躍をしていました。シェットランド諸島は厳しい自然環境で、栄養を摂取することも難しかったため、必然的に体格が小型化してきたのではないかと考えられています。明るく親しみやすい一方、内気で臆病な面を持ち合わせおり、また、牧羊犬らしく動くものを追いたがったり、吠えやすい側面を持っています。フィラリア予防薬や殺ダニ薬として一般的に投薬されるイベルメクチンはコリー種では副作用が強く出る場合があるため、コリーやシェットランド・シープ・ドッグへの投薬は避けたほうが安心です。
no image

気をつけたい病気