コメントを書く・読む

鳥さんの身体の不思議について知ろう!

鳥さんの特徴は、空を飛翔できること、卵生であること、体に羽毛を持つこと、歯がないことなどです。もちろん飛ぶことをやめた鳥さん達もいますが、もとは飛べる種から発生したと考えられています。それでは、鳥さんの身体の不思議さと素晴らしさについて調べてみましょう!

鳥さんが飛ぶためには、どのような工夫がされているの?

鳥さんは前肢が翼に変わり、羽ばたくための胸の筋肉がたいへん発達しています。
飛ぶための有利さゆえに軽量化をはかり、骨が軽く丈夫です。また、鳥さんには体に「気のう」という肺に接している空気を含んだ袋状の器官があるのですが、この「気のう」を伸縮させることにより空気の流れを作り出し、呼吸機能を調節したり、体内の熱を放散させます。

羽毛が保温性と防水性に長けている点も重要なポイントですが、羽毛もまた、飛ぶための役割を担っています。羽毛のうち、翼を構成して飛翔のために用いられる羽が風切羽ですが、この風切羽の形をさまざまに変え、組み合わせることにより、それぞれの鳥の飛翔法に合わせて空を羽ばたきます。

鳥さんは翼により揚力と推進力を得て飛翔しますが、気流や気温差などを上手につかって、効率よく飛び続けることができます。また、飛びながら遠くの獲物を見定めたり、危険を察知するために、鳥は視覚がたいへん発達しています。視覚も広く、色の感覚も発達しているといわれています。

鳥さんの子育て

鳥さんの生活と飛翔とは、切っても切れない関係にありますが、飛ぶためには少しでも軽く体重を増やさないでいる必要があります。このため、なるべく妊娠期間が短くすむ卵生が鳥さんにとって有利だったのではないかと考えられています。鳥さんが卵を温めて愛情深く育てる姿は微笑ましい限りですが、ヒナがかえるまでの日数は卵の大きさに比例することが知られています。

羽づくろいの秘密

鳥さんは頻繁に羽づくろいをします。 羽づくろいをすることで、羽の形状を整え、付け根の尾脂腺から脂をとり、羽毛に塗りつけることで防水性や耐久性を高めています。また、よごれや寄生虫を取り除き、換羽を促進する効果もあります。鳥さんは羽を膨らませることが多いのですが、この行動は体温を維持しようとする場合に多く見られるます。鳥さんが、このように羽を膨らませている様子を見かけたら、身体を温めてあげるために環境を暖かくしてあげましょう。

くちばしのいろいろ

鳥さんの中には、さまざまな食性や採食方法を持つものがいます。太いくちばしは固い殻から木の実を取り出すのに適しているかもしれませんし、円錐形のくちばしは草から小さな種をつまみだすのに適しているのかもしれません。くちばしの形状は鳥さんの習性を物語るものでもあるのですね。

鳥さんは、どのようにして食べ物を砕くの?

鳥さんには歯がないのですが、砂のう(筋胃)という鳥類特有の消化器官を持っています。食べ物といっしょに小石を飲み込み、砂のうを収縮させることで食物を細かくするのです。つまり砂のうの役割が歯のかわりでもあるのですね。

体温

鳥さんの体温は一般に多くの哺乳類より高く、40〜42度の範囲にありますが、これは、空を飛ぶという激しい運動を可能とするために、大きなエネルギーが必要であるからなのです。哺乳類と同様、自分自身の体で熱を生産し体温調節をする恒温動物である鳥さんですが、飛ぶ行為などのため、体が小さい割には熱放散の割合が大きく、かつ高い体温を維持する必要があるのです。したがって鳥さんはいつも食べているかのように、エネルギーを常に補給する必要があるのですね。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する