コメントを書く・読む

  • (暮らしの豆知識)

猫種とその特徴

私たち人間の祖先よりはるか昔に現れたネコちゃんですから、ネコちゃんの種類を厳密に区分けすることは困難です。ワンちゃんとは違って、季節になると外を歩き回り、自由に恋愛をして子どもを作るというライフスタイルから、世代を重ねるごとに雑種の度合いを強めるのがネコちゃんと考えてよいでしょう。
そんな中でも純血種と呼ばれるネコちゃんがいますが、300年以上の歴史を持つワンちゃんの純血種と比べて、ネコちゃんの純血種はまだ100年あまりの歴史しかなく、純血種の数も世界で62種ほどです。

現在、純血種と呼ばれるネコちゃんをおおまかに区分すると、次の5つに分けることができます。
①ペルシャネコ(長毛種)
②ペルシャネコ以外の長毛種
③ブリティッシュ・ショート・ヘアー(短毛種)
④アメリカン・ショートヘアー(短毛種)
⑤オリエンタル・ショートヘアー(短毛種)

他にもネコちゃんのボディータイプによる分け方もあります。
①太くて丸いコビー
②やや太いセミコビー 
③やや細身のセミフォーリン
④細身のフォーリン
⑤細くて長いオリエンタル
⑥がっしりして長いロングアンドサブスタンシャル

また、毛の長さで短毛種、長毛種と分ける事もあります。
性格は100頭のネコちゃんがいれば100通りありそれぞれですが、
大まかに性格を分類してみましょう。

長毛種のネコちゃんの気質

温和な気質でおっとりした子が多いと言われています。いくつか長毛種のネコちゃんを挙げてみましょう。

◇ヒマラヤン
 ペルシャとシャムの特徴をあわせ持つ温和で人懐っこいネコちゃんです。

◇ペルシャ
 色の種類が豊富で、長毛種の半分近くを占めます。
 丸く平らな顔、豊かな被毛が魅力的です。動きもゆったりとして優雅です。

◇ソマリ
 明るく外交的な子が多いようです。
 元は短毛のアビシニアンから生まれましたが、1960年代に品種として確立しました。

◇メインクーン
 18世紀後半にアメリカで誕生したネコちゃんです。
 元々は船に乗せられてネズミとりの仕事をしていたためか、独立心旺盛な子が多いようです。

短毛種のネコちゃんの気質

短毛種のネコちゃんは、長毛猫と比べると、とても活発に動きまわり人懐っこい傾向が見られるようです。いくつか短毛種のネコちゃんを挙げてみましょう。

◇アビシニアン
 イギリスで誕生したネコちゃんですが、古代エジプト時代のネコちゃんと外見が似ているため、
 その子孫ではないかといわれています。

◇スコティッシュ・フォールド
 50年ほど前、イギリスのスコットランドで偶然生まれた耳の折れたネコちゃんから繁殖が始まりました。

◇ロシアン・ブルー
 ロシア生まれでイギリス育ちです。

◇アメリカン・ショートヘアー
 船の上でネズミとりの仕事をしていました。首が太く、がっちりした体型です。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する