コメントを書く・読む

  • (暮らしの豆知識)

ワンちゃん、ネコちゃんの年齢

我が家のワンちゃん、ネコちゃんは、人間でいうとどのくらいの年齢なのでしょうか?

ワンちゃんやネコちゃんは、ともに生後約 1 年(大型犬の場合は約 1 年半)でヒトの成人の年齢に達するといわれています。そしてその後は 1 年ごとにヒトの 4 歳分くらいの年齢を重ねていきます。中・小型のワンちゃんやネコちゃんは大人になるまでの成長は早いのですが、老化はゆるやかにやってくる傾向が見られます。
大型犬では大人になるまでの成長はゆっくりなのですが、老化が早く始まる傾向が見られます。
かけがえのないワンちゃんネコちゃんたちと共に過ごす日々を大切に、そしてワンちゃんネコちゃんが元気で過ごせるようにしていきたいですね。

年齢換算表

ワンちゃんネコちゃんの高齢化

獣医学の進歩や、予防意識・飼育環境の向上などにより、ワンちゃんやネコちゃんたちの平均的な寿命は年々伸びてきています。しかしながら、ヒトと同じように老化現象はどのワンちゃんネコちゃんにも起こり、その老化が始まる年齢は一般的に 7 歳から 8 歳といわれています。
高齢化のサインとしては、被毛のつやがなくなってくる、白い毛が増えてくる、視力や聴力・筋力が衰えてくるなどがあげられます。その他、加齢や老化に伴って体の代謝率が減少することから肥満になりやすく、また、かかりやすい病気も増えてきます。高齢化に伴ってかかりやすくなる病気の例としては歯周病や僧帽弁閉鎖不全症、白内障、腎不全、腫瘍などがあげられます。

8 歳以上のワンちゃんと 1 歳から 8 歳未満のワンちゃんとで「発生した傷病の内訳」を比較したところ「腫瘍」の発生割合は約 3 倍、「循環器疾患(僧帽弁閉鎖不全症含む)」の発生割合は約 3.7 倍となることがわかりました(アニコムデータラボ調べ 2007.1.20)。

高齢動物の病気の予防

病気の発症を防ぐには、普段から食事のバランスに気をつけ、肥満を予防するための体重管理や適度な運動などを続けていくことが必要です。また、スキンシップを兼ねて、ワンちゃんネコちゃんの体を日頃からよく触るよう心がけ、いつもと違う行動や症状があった場合には早めに動物病院へ通院することが大切です。

腫瘍の場合、体の表面に発生したものは飼い主さんが直接触ることで発見できますが、お腹の中や胸の中など体の中に発生してしまうと、飼い主さんが早めに発見することは難しくなります。
また、僧帽弁閉鎖不全症などの心臓病についても、初期の症状は心臓の雑音*があるだけなど、日頃の生活のなかでは発見しづらい場合がほとんどです。どちらの病気も、明らかな体調の異常が発現したときには重症になってしまっている可能性が高い病気です。

ワンちゃんネコちゃんが高齢になってきたら、動物病院での検診をこまめに受け、血液検査やレントゲン検査などの検査も定期的に行って、病気の早期発見や日頃の体調管理に努めることが重要です。
 
*心臓の中を血液が流れる時に生じる異常な音のことで、僧帽弁閉鎖不全症では心臓が収縮する際に血液が逆流する音が聴き取れます。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する