コメントを書く・読む

  • (予防(健康管理))

去勢・ 避妊 <猫>

避妊手術

避妊手術は、外科的に女の子の子宮と卵巣(動物病院によっては卵巣のみ)を摘出する手術です。手術は一般的に、全身麻酔をかけお腹を開けて行います。避妊手術を行うと、女性ホルモンを分泌する卵巣が無くなるために発情も無くなり、妊娠や女性ホルモンに関連して起こる病気や行動を抑えることができるといわれています。

避妊手術の時期

ネコちゃんは、個体差はありますが一般的に生後 6 か月から 10 か月で初めての発情を迎えます。ネコちゃんの場合、ワンちゃんとは異なり陰部からの出血は見られませんが、大きな声で鳴いて体をゴロゴロと床にこすりつけたり、腰の辺りを触るとお尻を持ち上げるような動作をしたり、トイレ以外の所でオシッコをするようになったりします。ネコちゃんの発情期や持続時間は日照時間や太陽光に影響され、通常 4 か月から 6 か月周期で年 2 回から3 回やってきます。なお、ネコちゃんは交尾によってはじめて排卵をする「交尾後排卵」です。

避妊手術は全身麻酔をかけて行うため、ネコちゃんの体調が良好なときに行なうとよいでしょう。また通常、手術後のケアや抜糸まで通院する必要があるため、飼い主さんも時間的な余裕をもって手術に臨む必要があります。手術の時期については、ネコちゃんの体調や個々の成長の程度などが大きく関わってくるので、検診をかねて一度、かかりつけの動物病院にご相談ください。

避妊手術のメリット

・望まない妊娠を避けられる
・発情がなくなるので性的なストレスを軽減することができる
・不必要な交配・妊娠を避けられる
・子宮蓄膿症という子宮の中に膿が溜まる病気を予防できる
・ 乳腺腫瘍の発生率を低下させることができる
( 1 回目の発情前に避妊手術をすることで発症率が非常に低下するが、年齢を重ねてからの避妊手術では発症率に変化は見られないといわれています)
・卵胞嚢腫などの卵巣疾患を予防できる

避妊手術のデメリット

・ 全身麻酔のリスク
・ 避妊手術後は手術前よりも代謝エネルギー量が減るため、太りやすくなる傾向にある

※全身麻酔に関しては、術前の検査や検診を行なうことで、また太りやすくなることに関しては、手術後に食事の量を調節したり、適度な運動を続けたりすることでリスクが軽減できるといわれています。

これらのことを考慮した上で、避妊手術についてはかかりつけの先生と十分にご相談ください。

去勢手術

去勢手術は、外科的に男の子の精巣を摘出する手術です。一般的に手術は全身麻酔をかけて、精巣付近の皮膚を切開して行います。去勢手術を行うと男性ホルモンを分泌する精巣がなくなるために、男性ホルモンに関連して起こる病気や行動を抑えることができるといわれています。なお、ワンちゃんの男の子には発情期はなく、女の子の発情中のフェロモンを嗅ぐことのよって興奮をしますので未避妊の女の子のワンちゃんが周辺にいる場合は、ワンちゃんが反応する回数も多くなります。

去勢手術の時期

ネコちゃんは個体差はありますが、通常生後 6 - 10 ヶ月で性成熟を迎えるといわれています。男の子のネコちゃんには女の子のように決まった発情期はありませんが、性的に成熟すると発情期の女の子のネコちゃんと出会えば発情し、いつでも交尾が可能です。男の子のネコちゃんは発情した女の子のネコちゃんに刺激されて大きな声で鳴いたり、立ったままの姿勢で強烈な臭いのする尿をあちこちにかけるスプレー行動(尿マーキング)がみられたりするようになります。

手術は全身麻酔をかけて行うため、ネコちゃんの体調が良好なときに行なうとよいでしょう。また、手術後のケアや抜糸まで通院する必要などがあるため、飼い主さんも余裕をもって手術に臨むことが必要となります。手術時期については、ネコちゃんの体調や個々の成長の程度などが大きく関わってくるので、検診をかねて一度、かかりつけの動物病院にご相談ください。

去勢手術のメリット

・放浪やケンカなどの行動を抑える
・攻撃性のレベルの低下
・スプレー行為(尿マーキング)の改善
・性的なストレスの軽減
※上記の行動はかなりの割合で抑えられるといわれておりますが、ネコちゃんによっては効果がない場合も多くあります。
・前立腺の病気(前立腺肥大など)の発生率を低下させる
・会陰ヘルニアを予防できる
・精巣腫瘍を予防できる

去勢手術のデメリット

・全身麻酔のリスク
・避妊手術後は手術前よりも代謝エネルギー量が減るため、太りやすくなる傾向にある

※全身麻酔に関しては、術前の検査や検診を行なうことで、また太りやすくなることに関しては、手術後に食事の量を調節していただくこと、適度な運動を続けることでリスクが軽減できるといわれています。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する