コメントを書く・読む

  • (しつけ)

ネコちゃんの多頭飼育

多頭生活を開始する前に

マイペースで愛くるしいネコちゃんの魅力に心を奪われ、「もう一頭飼ってみようかな」と、思う飼い主さんも多いことでしょう。しかし、縄張り意識が強いネコちゃんにとっては、多頭生活は飼い主さんが思うよりも大変なことです。

温厚で人懐っこい性格のネコちゃんであれば、さほど時間がかからず他のネコちゃんを受け入れる場合もありますが、ネコちゃんによっては、自分の縄張りに他のネコちゃんが入ることを嫌う場合もあります。また、幼少期に飼い主さん以外との接触が少ないと、警戒心が強くなる場合もあります。このようなネコちゃんの中には、他のネコちゃんを迎え入れることでストレスを感じたり、マーキングをしたり、病気になってしまう子もいるようです。

まずは、現在共に生活をしているネコちゃんの性格を考慮し、飼い主さんとそのネコちゃんにとって多頭飼育は本当に幸せになるのかを問い直してみること、その上で生活環境を整えて準備を整えることが重要になります。

ネコちゃんの性質

ネコちゃんは、大昔、森で暮らしていた時代から、単独で狩りをして暮らしていたといわれています。このため、食料を獲るにあたって他のネコちゃんと助け合う必要も、また群れをなして集団生活を送る必要もありません。むしろ、自分の食料を獲るための縄張りを守ろうとして、他のネコちゃんが自分の縄張りに入ることを嫌がります。

多頭飼育する際には、社会化期にヒトは他のネコちゃんと充分に接した経験がある、温厚で人懐っこいネコちゃんが望ましいといえるでしょう。

また、警戒心の強いネコちゃんの場合には、日頃から一緒に遊んでスキンシップをとることで、飼い主さんとの絆を深めましょう。そうすることで、ネコちゃんは自分以外の生き物と共存していることを感じ、新しい子を迎えたときに感じるストレスも軽減できるかもしれません。また、普段の生活でネコちゃんが好んでいる場所は、「ここは安全な場所」と認識している場所なので、引き続き安心できるスペースとして守ってあげることも必要です。

先住猫ちゃんの性格をいろいろ考えてみて、新しいネコちゃんを迎えることが、先住猫ちゃんに大きなストレスをかけてしまうことが懸念される場合には、残念ながら事前に多頭飼育を考えなおすのも一つの選択肢かもしれません。

楽しさ倍増、でもお世話も倍増

ネコちゃんは単独で生活をしていたどうぶつなので、お散歩などに毎日時間を取られる必要はありません。多頭飼育が上手くいくと、かわいいネコちゃんたちに囲まれて、ますます楽しい生活になりますが、ネコちゃんの数が増えることで、お世話の手間も倍増するのは確かです。食費やワクチン接種、健康診断などの予防措置にかかる費用も同様です。

ゆっくり、ゆっくり始めよう

新しいネコちゃんを迎えたら、初めは先住ネコちゃんと別の部屋でケージに入れて休ませてあげましょう。
これは、縄張り意識の強いネコちゃんの性質上、まずは互いに存在を感じさせることが目的でもありますが、万が一新しいネコちゃんが感染症などにかかっていた場合に、先住ネコちゃんに感染することを防ぐ目的もあります。
先住ネコちゃんはいつもと違う雰囲気に警戒をすることもありますが、適度な距離があれば興味を示しはじめるでしょう。 タオルやシャツなどについた互いの匂いでお互いの存在を体験させてあげましょう。

新しいネコちゃんも1週間くらいすると家の環境に慣れてくるので、その頃に健康診断を受けさせてあげ、その結果を確認してから先住ネコちゃんと対面をさせてあげるようにします。

ネコちゃんの対面のときには、まずはケージ越しなどで対面をさせ、どちらかが嫌がるようであれば、無理はせずまた時間をあけて対面させましょう。徐々に接触をさせてあげることで、大きなストレスをかけることなく、お互いを認識し受け入れられるようになっていきます。

「楽しいこと=食べること」が相手のにおいと関連付けされることを期待して、距離が離れたところでお食事を与えてあげてもよいですね。相手がいることが楽しいことにつながると感じさせてあげましょう。

先住ネコちゃんの生活環境は、できる限り変わらないようにしてください。また、飼い主さんは今まで通り一対一でスキンシップをとりましょう。多頭飼育にあたっては、先住  ネコちゃんのペースを優先してあげることもとても大切です。

ネコちゃん同士がケンカを始めたときには、大きな音を立てたり、やわらかいオモチャなどを投げたりするなど、気持ちをそらして引き離しましょう。

ネコちゃんの縄張り

狩りをして生活をしていた大昔から、ネコちゃん同士の争いごとを避けるため、互いに縄張りを持ち、他のネコちゃんの縄張りには侵入しないように生活をしてきました。室内で生活する上ではスペースが限られているので、ネコちゃん同士の縄張りを保つことは大変なことですが、ストレス無く生活するにはできるだけ縄張りを保たせてあげるように工夫をしましょう。ネコちゃんの習性を飼い主さんがよく理解し、ネコちゃんにとっていい環境を作ってあげることが大切です。

例えば、ネコちゃんは安全だと認識した場所以外では排泄をしません。もちろん、他のネコちゃんの縄張りで排泄をすることはもってのほかです。トイレや寝る場所、食事の場所などを考慮し、設置するようにしましょう。ネコちゃんも、ある程度我慢ができる場所であれば、同じ空間に他のネコちゃんがいても排泄をしたり眠ったりするでしょう。理想的なトイレの数は「ネコちゃんの数+1個」だといわれています。また飲み水用のボールもたくさん用意しましょう。

それぞれのネコちゃんの生活スタイルを崩さず、仲良くなれるような環境を整えてあげ、ネコちゃん同士の意思で仲良くなることを待つこと。つまり、無理強いをしないということが大事です。温かく見守ってあげましょう。

健康管理

多頭生活の中で特に注意しなければいけないことは健康管理です。新しいネコちゃんを迎えるときには、感染症・ノミ・寄生虫のチェックと対策は必ず必要です。また、お迎え後も一方のネコちゃんが何かしらの病気になったり、感染症などを引き起こしたりすると、もう片方のネコちゃんにもうつってしまうことがあります。

きっちりと健康管理をすることはもちろんのことですが、予防のひとつとして、ワクチン接種や、定期的な健康診断などを受けるようにしましょう。

みなさんからのコメント

アニコム獣医師さんからのコメント
通常は、女の子の発情によって男の子の発情が誘発され、女の子を追いかけたり首を噛んでマウントするような行動がみられます。 女の子は初回の発情前、男の子も性成熟期に達する前に避妊、去勢手術をすることにより、発情の行動は見られないことが多いのですが、時々、手術済のネコちゃんでも発情期のような行動を示すことがあります。特に多頭飼育の場合に多くみられるので、縄張りの意識、社会行動の1つとも考えられます。本能的な行動のため、やめさせるのは難しいかと思われます。様子を見ながら、ケガをしないよう、ストレスを軽減できるよう生活スペースをわけてあげるといった工夫が必要かもしれませんね。
のりゅみさんのあっとちゃんからのコメント
2011.4月生まれの女の子避妊済み、2015.3月生まれの男の子、8月末に去勢済みの2にゃんこを飼っています。最初は狩り本能かと思っていましたが、男の子が女の子の首を噛み上からのしかかります。去勢&避妊済みでもある行為でしょうか。普通にしていたら女の子の方も普通にしてるのですが、男の子が見つけると、必要以上に追廻、タックルして首を噛んでのしかかり、シャーシャー逃げてかわいそうです。やめさせることはできるでしょうか。

コメントを投稿する