コメントを書く・読む

  • (暮らしの豆知識)

身近にある危険な植物

ワンちゃん、ネコちゃんが『タマネギ』や『ネギ類』で中毒を起こすことは知られていますが、それ以外の身近な植物でも中毒症状を起こすことがあります。
大事なわが子を危険から回避するためには、飼い主さんが何が危険かを知ることが重要です。
同じ植物でも花、葉、根(球根)、種など、有毒成分が含まれる部分が異なりますので注意が必要です。

一部ではありますが中毒を起こす身近な植物とその症状を紹介します。

主な中毒を起こす植物とその症状

・チューリップ(球根)  *嘔吐、下痢、心臓マヒ
・アサガオ(種子) *嘔吐、下痢、幻覚、血圧低下、瞳孔散大
・キキョウ(根) *嘔吐、下痢、胃腸炎、血圧低下、溶血
・クリスマスローズ(全草、根) *嘔吐、下痢、不整脈、血圧低下、心臓マヒ
・シクラメン(根) *胃腸炎、ケイレン、神経マヒ
・ジンチョウゲ (花、根 ) *皮膚炎、嘔吐、下痢
・スイセン(植物全体(特に球根)) * 嘔吐、下痢、神経麻痺、血圧低下
・パンジー(根茎、種子) *嘔吐、神経マヒ
・ポインセチア (茎(樹液)、葉) *嘔吐、下痢、皮膚炎、痙攣
・ユリ(植物全体(特に球根)) *腎不全 
・シャクナゲ(葉) *嘔吐、下痢、よだれ・昏睡
・ソテツ(種子) *嘔吐、食欲不振、黄疸、腹水
・イチイ(木、樹皮、種子) *嘔吐、下痢、虚脱症状、運動失調、呼吸困難
・藤(さや、種子) *嘔吐、下痢、血液量減少、ショック、虚脱
・アザレア(植物全体(特に葉)) *嘔吐、痙攣
・夾竹桃(植物全体) *腹痛、嘔吐、よだれ、ショック、昏睡
・ポトス(汁液) *胃腸障害、皮膚の炎症
・アジサイ(つぼみ) *痙攣、昏睡
・アセビ(若布、樹皮) *よだれ、ふらつく、呼吸困難
・カラー(葉) *口内炎、皮膚炎、
・イヌサフラン(植物全体(特に球根)) *よだれ、嘔吐、下痢、呼吸低下、ショック症状
・アロエ(皮下の乳液) *下痢、血尿、貧血
・ポトス(植物全体) *口内炎、皮膚炎

もしも食べてしまったら......?

中毒症状は、摂取した有毒成分の種類や量、ワンちゃんやネコちゃんの体質によって、症状そのものや症状が発現するまでの時間、重症度が異なります。
もしもワンちゃんやネコちゃんが中毒物質を摂取してしまった場合、または、摂取したことが疑われる場合には、早急に動物病院に通院することをお勧めします。摂取後に時間が経過してしまうと、中毒成分が体内に吸収され症状が重くなったり、治療が困難になる場合もあります。
治療法については摂取した中毒物質の種類や量、摂取後経過している時間によっても異なりますので、かかりつけの動物病院とよくご相談ください。

予防

いろいろなものを口にする癖があるワンちゃんの場合、散歩をするときは注意が必要です。また、お庭に中毒を起こす植物がある場合は、ワンちゃんやネコちゃんが食べてしまわないように除去したり、囲いをするなどの工夫をしましょう。
お庭で植物を育てている場合は、植え替えなどの作業中にも球根などを放置しないよう注意が必要です。また、日頃から、夜間・時間外などにも対応してもらえるような動物病院を探しておくと、緊急時にも安心です。

どんな症状がみられるの?

誤飲したものの種類や量、ワンちゃん、ネコちゃんの体格や体質によって、症状や症状が発現するまでの時間、重症度が異なります。誤食後に時間が経過してしまうと、治療が困難になる場合や、症状が重くなる場合があり、場合によっては死に至ることもあるので注意が必要です。
症状は様々ですが、一般的に嘔吐や下痢、流涎(よだれ)、食欲不振、元気消失などの症状がみられることが多いようです。このほか、脳や心臓、神経などに作用する中毒物質もあります。

わが子を守るためには?

ワンちゃん、ネコちゃんの行動範囲を安全に!
子犬や子猫は遊んでいるうちに食べてしまうことがあります。ワンちゃん、ネコちゃんの届く場所に飲み込みそうな物や、興味を示しそうな物を置かないことが大切です。お留守番のときなどは、柵やサークルなどを使って行動範囲を制限する等の工夫をしたほうがよいでしょう。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する