コメントを書く・読む

  • (お手入れ)

爪切り <犬>

お散歩をしっかりとしているワンちゃんやよく運動をしているワンちゃんは、爪も適度にすり減っていることが多いのですが、お散歩にあまり行かない場合などは爪があまり減らずに、放っておくと伸びすぎて爪の先が曲がって歩きにくくなったり、また、肉球にくい込んだりすることもあります。特に、前肢の内側の地面につかないところにある狼爪(親指)は見落としがちですが、自然にすり減ることはないので、放っておくと肉球や皮膚に食い込んでしまうこともあります。
(狼爪は後ろ肢にあるワンちゃんもいます)

爪が伸びてくるとカーペットや飼い主さんの洋服にひっかかったりして怪我につながることがあり危険です。
部屋の中を歩いたとき、床に爪が当たる音がするようなら、伸びすぎなので、爪をカットしてあげましょう。ワンちゃんによっても爪が伸びる早さは異なりますが、1ヶ月に1回程度が目安です。

ワンちゃんの爪ってどうなっているの?

犬の爪の中には血管や神経が通っています。
深爪しないように気をつけながら、先端を切ります。爪を切る人が緊張すると、ワンちゃんにもその不安が伝わりますので、リラックスしながら爪を切りましょう。また一気に全部の爪を切ろうとはせず、少しずつ爪切りに慣れさせてあげましょう。

爪のお手入れをしようとすると、最初はどの子も「何が始まるのかしら?」と嫌がるものです。
爪を切ることと、楽しいことや嬉しいことがワンちゃんの心の中で結びつきを持たせるように、上手に褒めながら切りましょう。ただ、嫌がっても平然と落ち着きはらう表情も必要です。「あなたにとって大切なことをしているのよ。私に従いなさい」という毅然とした、頼りがいのある飼い主様の態度を見て、ワンちゃんは安心します。

さあ、ワンちゃんの爪を切ろう

【用意する物】
・爪切りとやすり ・止血パウダー
 
※爪が大きくて硬い大型犬などの爪を切る場合、シャンプーをした後などは、爪がふやけていて軟らかいのでお勧めです。

1.ワンちゃんの足を持ちます。
前足の持ちかたは、あまり強く握らないで爪先を自分の方へ向かせます。暴れてしまう場合は、誰かに体を支えてもらい、なでたり、声をかけてどうぶつさんをリラックスさせましょう。

爪を切る前に、指の間の余分な毛をカットすると爪が見やすくなります。毛とともに、皮膚を切らないように十分に注意してください。なお、毛をカットすることは、滑りやすい床で遊ぶ際などの滑り防止にもなり、肢や腰を痛めることの予防にもなります。

2. 爪を切ります。
伸びすぎた爪の先端だけ切り、少しずつ丸くなるように角度を変えましょう。何回かカットすると丸くなりますが、できなければ先端だけ少し切ってみましょう。上手に切らせてくれた時には、いっぱい褒めてあげましょう。

*出血したとき
まずは慌てないことです。
飼い主さんが動揺すると、その動揺がワンちゃんに伝わりますます不安になってしまいます。あくまでも冷静に対処しましょう。脱脂綿などで押さえて止血しますが、なかなか出血が止まらない場合は、市販の止血パウダーなどをつけます。

3. やすりをかけて爪を整える。
切り口がギザギザしているのでやすりで爪を整えましょう。爪を切った後はヤスリをかけて平らにします。ヤスリは爪がささくれだたないように、一定方向にかけます。

ワンちゃんの爪にもいろいろあります

ワンちゃんの爪の中には、血管や神経などの軟部組織が通っています。
その血管や神経などを誤って切らないように気をつけて、先端を切ります。

★ 爪が白いワンちゃん
一度に深く切らないで、血管がピンク色に透けて見える手前まで角を少しずつ落としながら切りましょう。

★ 爪が黒や濃い色のワンちゃん
血管が見えない場合は、切り過ぎないように注意しながら、先端から角を少しずつ落としながら切りましょう。

ワンちゃんが暴れてしまう場合や難しいと感じる時には、一度トリマーさんや獣医さんに相談をしてみましょう。実際にしているところを見たり、専門家からコツを尋ねてみてください。徐々におうちでも出来るようになるポイントがつかめるかもしれません。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する