コメントを書く・読む

  • (しつけ)

困ったこと・お留守番ができない <犬>

ワンちゃんが独りで過ごすことに慣れていなかったり、 一人でのお留守番に不安感を持っていたりするとお留守番できないことがあります。ところが、「ウチの子はお留守番ができないから、ずっと傍にいなくてはいけない」という気持ちが、余計にお留守番ができない状態にさせることが多いようです。どのようにしたら、解決ができるのでしょうか?

解決のポイント

1.ワンちゃんに「お留守番が特別なことではなく、日常の当たり前のひと時である」ということを教えるためには、お留守番をさせる時に飼い主さんがワンちゃんに特別な行動をとらないことが大切です。また、不安感や寂しさを感じさせないような工夫をしてあげましょう。 

(1)飼い主さんが出掛ける時、ワンちゃんに「行ってくるね」などと声を掛けないようにしましょう。また、飼い主さんが帰宅された時も、ワンちゃん最優先で声を掛けないようにしましょう。飼い主さんの帰宅が嬉しくて騒いでいるワンちゃんに声を掛けてしまうと、「騒げば相手をしてもらえる」と思わせてしまうことになります。帰宅後、しばらくしてワンちゃんが落ち着いたら、「ただいま」と声をかけましょう。

(2)飼い主さんが外出してしまうのではないかとワンちゃんに思わせてしまう一連の行動を日常生活の中でも行ってみましょう。例としては、車の鍵を持ってリビングでくつろぐ、かばんを持ったままテレビを見るなどが挙げられます。 人がいる時と同じような状況を保ってあげるため、飼い主さんの留守中も小さな音でラジオやテレビなどをつけたままにするとよいでしょう。また、小さな明かりを付けることもよいかと思います。

(3)お留守番をさせる前にワンちゃんを連れて長めの散歩に出たりするなどのコミュニケーションを十分にとることで、ワンちゃんに満足感のある疲れを感じさせてあげましょう。

(4)夢中になって遊べるようなオモチャを与えてから外出しましょう。なお、オモチャを与える際には、飲み込んだり、食べてしまう危険性のないものを選びましょう。 


2.ワンちゃんが一人でいることに少しずつ慣らす練習をしていきましょう。
ワンちゃんに飼い主様に構ってもらうのが当たり前だと思わせないようにすること、 出かけても必ず飼い主様は戻ってくるとワンちゃんに安心感を持たせることなどがポイントです。

(1)ワンちゃんに「一人でいることが特別ではない」と感じさせてあげるためには、ケージやサークルなどの限られたスペースで過ごす習慣を付けるとよいでしょう。これらのスペースが心地良い場所だとワンちゃんに感じさせてあげるためには、ケージやサークルなどに入ればオヤツなどのご褒美が与える、あるいは飼い主様に褒められた後やお食事やお散歩など、ワンちゃんの大好きなことを済ませた後にケージやサークルなどに入れるようにしてあげましょう。外に出たいと吠えたりすることがあるかもしれませんが飼い主様は 知らん顔をして、ワンちゃんに声もかけず、できるだけ構わないようにしましょう。
     
(2)ワンちゃんが飼い主様の後追いをしようとしたら、「オスワリ」、「マテ」などでワンちゃんを制止して頂き、その後、「ヨシ」と声を掛けることで後追いをすることへの許可を出してあげましょう。 

(3)まず、お部屋などでワンちゃんがひとりで過ごす練習から始めるとよいでしょう。時間は、飼い主様が戻った時にお利口さんでいられるくらいの、ほんの数分から始めます。お利口にしていられたら褒めてあげましょう。

(4)次に、実際にお留守番の練習です。こちらもほんの数分、飼い主様が玄関  から出るくらいの距離からスタートです。飼い主様が戻った時にワンちゃんがお利口にしていられたら褒めてあげましょう。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する