コメントを書く・読む

  • (しつけ)

うちの子がウンチを食べる(食糞)

母犬は子犬ちゃんの排泄物を食べますが、巣を清潔に保つためであったり、他のどうぶつからの攻撃を誘発する臭いや排泄物の痕跡を消すためであったりするのでしょうね。

子犬ちゃんも母犬から教わった行動を学習し食糞するようになりますが、成長に従って食べなくなる子が多いようです。ヒトには同様の習性がないので、びっくりしてしまいますが、そんなに驚くことではないと思うとホッとしますね。
ところで、ワンちゃんの中にはなかなか止めない子がいますが、どのように対応したらいいのでしょうか。

なぜ食べるのだろう?

ワンちゃんの祖先といわれるオオカミは牛などの草食動物の糞を食べることで、不足しがちな栄養成分を補っていました。また、ワンちゃんが野生で生きているということは、「何か食べられるものはないのだろうか」と周辺の環境をくまなく探り回るほど厳しいものであることも想像できます。

ウンチを食べることは、ヒトの感覚では理解し難いものではありますが、厳しいどうぶつの世界を生き抜くどうぶつの習性からすれば普通であることを理解してあげる必要があるのかもしれませんね。

【考えられる原因】

1. ワンちゃんはウンチを食べることを遊びの一環だと思っているかもしれません。
(1)好奇心から「なんだろう?食べてみよう!」という好奇心から食べてしまう。
(2)飼い主様とのコミュニケーションを求めている
ウンチを食べたワンちゃんを見つけた時の飼い主様の対応を、ワンちゃんは「飼い主様が構ってくれている」と思ってしまってしまい、「飼い主様に構って欲しいからウンチを食べよう」と思うようになってしまったのかもしれません。
(3)ウンチがオモチャの代わりになっている
退屈をした時のちょうど良いオモチャになっているのかもしれません。

2. 食事の代わりとして食べているのかもしれません。
(1)食事の量は、適切でしょうか。
食事の量が少く、お腹が空いて食べてしまっているのかもしれません。
あるいはフードのあげ過ぎで未消化のウンチをワンちゃんが食べ直しているのかもしれません。 
(2)寄生虫がお腹にいるのかもしれません
寄生虫が体内にいると、栄養が充分に取れないためにウンチを食べてしまうことがあるようです。
     
3. 排泄物を片付けているつもりで食べてしまっている。
(1)ウンチを隠そうとしている
排泄の失敗を叱られた経験から「ウンチ=いけない行為」と思い、ウンチを隠すため食べるようになったのかもしれません。
(2)飼い主さまの真似をしている
飼い主様が排泄物を片付ける姿を見て、ワンちゃんも「片付けよう」という気持ちで食べているのかもしれません。

どうやって対処したらいいの?

いずれが原因の場合も、できるだけウンチを食べるチャンスを与えないことが大切ですが、(片付けなくては・・・)と焦る飼い主さんが、ウンチをしているワンちゃんをジッとご覧になり、あわててウンチを取ろうと近づいていくと、ワンちゃんと飼い主さんがウンチの取り合いのような
形になることもあります。
このとき、ワンちゃんは「ママやパパがあんなに欲しがるウンチだから、やっぱり食べたい」と余計にウンチを食べることに執着心が出てしまうこともあるのです。
できるだけ、ウンチをした後に、ワンちゃんの気持ちをウンチからサッと離してあげるとよいですね。
具体的には、ウンチをしたワンちゃんを少し離れたところから呼んだりボールを転がして気持ちをそらしてしまいます。その後、「スワレ」の指示をするなどして、落ち着かせてあげても良いですね。
いつもならウンチを食べる状況でウンチを食べなかったら「いい子だね」と褒めてあげましょう。
ご褒美をあげてもよろしいですね。ご家族で手分けして、など工夫をしていただき、ワンちゃんの気持ちがウンチ以外のものにある間にウンチを片付けてしまいましょう。

飼い主さんが驚き、戸惑い、こだわってしまうことが、かえってマイナスに事態の悪化へと働いてしまうこともあるようです。
「種が違うとビックリすることがあるものだな。でもまずは元気でいてくれれば幸せ!」らいの気持ちで、のんびり構えているうちに、そのうち食べなくなるかもしれません。

考えられるそれぞれの原因 1〜3に対する対応 

【1.-(2) に関して】
飼い主さんとワンちゃんが一緒に過ごすお散歩などのコミュニケーションの時間を多めにお取り頂くことで、食糞がおさまることがあるようです。 また、ワンちゃんがウンチを食べてしまったことに気付いて騒いで しまうと、「ウンチを食べると遊んでくれる」とワンちゃんが思ってしまうことがあるようです。できるだけ声を出さないで、知らん顔をして片付けてしまいましょう。

【1.-(3) に関して】
a. お留守番などのワンちゃんが一人で過ごす時間には夢中で遊べるオモチャを 与えてあげましょう。なお、オモチャは与えっぱなしにしないようにして、 飼い主さんがオモチャへの主導権を持つようにしましょう。
また、オモチャを与える際には、飲み込んだり食べてしまう危険性のないものを選びましょう。 
b. ワンちゃんがお留守番をする予定のある時は、お留守番の前に多めに運動をさせてあげると宜しいでしょう。

【2.-(1) に関して】
ドッグフードの袋の表示やワンちゃんのウンチの様子や量、体重の変化などを参考にして頂き、適切な食事量をワンちゃんにあげるようにしましょう。
なお、適切な量とお子様に合ったご飯をお選びいただく際には、かかりつけの先生にご相談されることも一つの方法かと存じます。

【2.-(2) に関して】
ワンちゃんのウンチをご持参頂いて、定期的にかかりつけの動物病院で糞便検査をされることをお勧めいたします。

【3.-(1)に関して】
ワンちゃんがウンチを食べた時だけではなく、粗相などの排泄に関することでもワンちゃんを叱らないようにしましょう。

【3.-(2) に関して】
ワンちゃんのウンチを片付ける時は、なるべくワンちゃんが気付かないようにサッと片付けてしまいましょう。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する