コメントを書く・読む

  • (しつけ)

ワンちゃんはハウスが好き!

ワンちゃんにとって、ハウスってどんなところ?

ワンちゃんの先祖は、洞穴で生活していたと言われていますが、洞穴の環境に似た「自分から周囲は見渡せるが、周りを囲われた少し狭いスペース」は、ワンちゃんにとって安心して休むことができる場所のようです。お家の中にケージやキャリーバッグ、クレートなどを利用してワンちゃんが安心できる空間を用意してあげると良いでしょう。

また、いつも家族と一緒に暮らすワンちゃんにとって、広い室内でポツリとお留守番をするよりも、少し暗くて狭くはあるけれども、自分が守られていると感じることのできる空間の方が不安や寂しさを減らしてあげることができるかもしれません。

また、普段から「ハウス」に入る習慣が身についていれば、動物病院やペットサロン、旅行先などでも、ケージやキャリーケースの中にワンちゃんが落ち着いて入っていてくれます。「ハウス」というしつけは、このようなお家以外の場面でもワンちゃんが安心して過ごせるようにさせてくれます。少しずつ練習をして、「ハウス」という飼い主さんの掛け声が聞こえたら、何をするのかをワンちゃんに教えてあげましょう。

ハウスに入ると、のんびりできて、良いことがあるよ

ワンちゃんに安心できる場所を提供してあげるのですから、ついつい人間の感覚で考えてしまって、「ハウスに入れてしまうのはかわいそう」などと思わないようにしましょう。
ワンちゃんは飼い主さんと一緒に遊べるので、「ハウスの外に出たい」と意思表示をするかもしれませんが、知らん顔をしていてくださいね。
あくまでも主導権は飼い主さんにあることを教える良いチャンスでもあります。ただし、叱ったときにハウスにいれたり、お留守番のときだけにハウスにいれたりすると、ハウスが嫌いな所になってしまいます。
日頃から、ワンちゃんの気分が良いときにハウスへ入れてくつろがせてあげてください。ハウスを大好きな安心できる場所にしてあげましょう。

ハウスに入る練習しましょう

ケージやキャリーバッグに慣れるには、まずハウスが「楽しくて安心できるとてもいい場所」と教えてあげることから始めましょう。

1.ワンちゃんの大好きなもの(おやつ、おもちゃなど)を用意しましょう。
2.大好きなものをワンちゃんに見せ、注目している間に大好きなものをハウスに入れ誘います。
3.ハウスの中に入ったら、思いっきり褒めてあげましょう。
(すぐ出てきてしまったときのことを見越して、おやつやおもちゃなどをもう一つ、ケージやキャリーバッグの入り口に置いておくのも良いでしょう。)

ワンちゃんに「ハウスの中に入ると楽しいことがある」と感じさせてあげましょう。無理にハウスに押し込んだり、扉を閉めてしまったりするとハウスが嫌いになって拒否反応が出てしまうこともあります。飼い主さんは「ハウスに入るゲーム」のように見立てて、ワンちゃんと一緒になって遊びを楽しんでも良いでしょう。

ハウスは楽しい空間だとワンちゃんが認識できるようになったら、次は「ハウス」という号令とハウスに入ることを結びつけましょう。

1.ワンちゃんにご褒美を見せます。
2.ハウスの中にご褒美を置き、ハウスに入るタイミングで「ハウス」と号令をかけます。
3.ワンちゃんがご褒美を食べている間に、ハウスに入ったことを褒めます。
4.すぐに出てきても「ハウス」という号令に従ったことを褒めてあげましょう。

1から4が上手にできるようになったら、ご褒美をあげる頻度を減らしていきながら、練習を続けましょう。

5.ご褒美を手に持ち、「ハウス」と号令をかけます。
6.ハウスに入ったら、「よし!」や「いいこ!」などの褒める言葉をかけてご褒美を与えましょう。

「ハウス」という号令でハウスに入ることができるようになったら、あと一歩です。次は、扉を閉めた状態でもワンちゃんが落ち着いていられるようになる練習です。

1.「ハウス」と号令をかけてワンちゃんがハウスに入ったら、褒めてからご褒美を与えます。
2.ワンちゃんの様子を見ながら、扉を閉めましょう。
3.褒めながら扉の反対側や側面からご褒美を与えてハウスは楽しいと感じさせてから扉を開けましょう。
※ほんの数秒から始め、徐々に時間を長くし、ご褒美をあげる頻度は減らしていきましょう。

最終的には、ご褒美が無い状態でも「ハウス」の掛け声に従い、さらに長時間一人でも安心して過ごすことができるようになったら大成功です。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する