コメントを書く・読む

  • (しつけ)

飼い主さんがリーダーになることが、どうして必要なの?

「ワンちゃんと良い関係を作ること」と「群れの中にリーダーがいるということ」

社会性を持つワンちゃん

ワンちゃんは仲間との間に群れを作り、群れの仲間と協力をして獲物を捕獲しともに生きてきた、社会性を持つ心豊かなどうぶつです。
群れの中に「自分の命を任せても大丈夫だ」と心から信頼できるリーダーがいること、そしてワンちゃんが群れの中のどの位置にいるかが明確であることは、ワンちゃんに大きな安心感を与えます。
つまり群れの安定にとって大変重要なことでもあるのです。

ワンちゃんとヒトが紡ぎ続けた長い歴史の中で、ヒトとの間に群れを認識するようになってきました。
ヒトの中に「リーダーとしての強さと優しさ」を見出したワンちゃんはリラックスができ、安心して生活することができます。ところが、「この群れにはリーダーに値するヒトがいない」と思ったワンちゃんは、自分が頑張ってリーダーになり群れを統率しなければと必死になり、無理をせざるを得なくなります。

「群れを率いること」と「ストレス」

いくらワンちゃんが頑張ったとしても、人の社会の中でリーダーになるということは、ワンちゃんにとって分不相応の大仕事ですから、ワンちゃんに大きな緊張を強いることになり強いストレスを抱くこととなります。
そして、ワンちゃんにとって、自分より劣位の立場であるはずの人の家族が、劣位の立場らしからぬ態度をすることも大きなストレスの種となります。劣位の立場にいるのに、自分に「スワレ」などと指示をして、自分の首に紐をつけて引っ張ろうとするのですから、ワンちゃんの世界では許容できないことかもしれませんね。

ワンちゃんは人がどんな感情でいるのかを把握する力を持った存在です。ワンちゃんは考え、判断しようとします。
でもこの能力を生かし、よりよい関係を育むためには、人が信頼に価する存在であることが重要です。ワンちゃんがリーダーである人にしっかりと守られ、心から愛されていることをワンちゃんに実感させてあげましょう。
このことが実感できれば、ワンちゃんは大好きなリーダーが喜ばせようと痛々しいほど頑張るでしょう。

「人は安心できる存在であること」をワンちゃんに理解させ、「人が頼もしいリーダーであること」を、ワンちゃんに認識させてあげることは、人とワンちゃんとの生活をスムーズにするだけではなく、ワンちゃんの心と身体をゆったりと寛がせることができますから、健康を守るためにも大変重要なことなのです。

どんなリーダーがいい?

ワンちゃんは自分の飼い主さんと隣の飼い主さんを比較することはありません。
ただワンちゃんにとっては「飼い主さんが自分を本気で愛していてくれているか」「リーダーは、どんなことがあっても自分を守りぬいてくれるか」ということが信じられれば、それで充分なのです。それに加えて、お家の中でゆったりと流れる心安らぐ時間があったら、もう何も言うことはありません。ワンちゃんにとって、飼い主さんと過ごす時間こそ全てなのです。

最初はおっかなびっくりで始めたワンちゃんとの生活も、リーダーにふさわしい人であろうとするワンちゃんとの生活を通して、人も成長していくのかもしれませんね。
強くてたくましく、どんなときも落ち着いて群れの仲間を守る、そんな理想のリーダーらしい人など、なかなかいるものではありません。ただ、自分を振り返り、ワンちゃんへ愛情を注ぎ続けることで、人は大きな何かを学び成長することができるのかもしれません。
そんな風に時を重ねる間に、お互いにかけがえのない絆が生まれていることに感慨を覚える日が必ずやってきます。「ウチの子は最高!」です。
「ワンちゃんに分かるように、人が接すること」や「ワンちゃんが納得できるような態度をとること」に心がけて、ワンちゃんと楽しい生活を送っていきましょう!

リーダーになるために

・リーダーはワンちゃんの要求に応えない
わが子の可愛さに負けてしまい、「この子は今、何がして欲しいのかしら?」と先走ってワンちゃんの要求の応えようとするリーダーを見ると、ワンちゃんは落胆を覚えてしまうでしょう。反対に、どんなときにも自信に満ちたリーダー然とした態度の飼い主さんを見てワンちゃんは安心するでしょう。頼もしい指示や従ったときに褒める明るいリーダーらしい飼い主さんの姿をワンちゃんはうっとりと見つめているかもしれません。

・ワンちゃんの気迫に負けない
飼い主さんはワンちゃんが唸って自分の要求を通そうとしたときに、どのように対応したらいいのでしょうか? 飼い主さんがワンちゃんの気迫に負けて要求を呑んでしまったら、ワンちゃんは自分の優位さを実感してしまうでしょう。どんなときも、飼い主さんに主導権があることを、ワンちゃんに伝え続けることが必要です。

・メリハリをつけて、根気強く教える。
今日の対応と昨日の対応、ママとパパの対応が、いつも同じであることが大変重要です。いいこと、悪いことを根気強く教え続けましょう。望ましい行為であることを教えるためには、うんと褒めて教えてあげること、いけないことは落ち着いた声でメリハリをつけてしっかりと言葉を用いて叱ることが必要です。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する