コメントを書く・読む

ネコちゃんのトイレのしつけ(1) <猫>

1.トイレの基本

ネコちゃんには大きな敵から自分の身を守る事を目的として排泄物を隠すという習性があるため、トイレをしつける場合、まず、トイレ用トレーにネコのトイレ砂を敷いたものを用意します。その中に、ネコの排泄物の臭いをつけたティッシュペーパーなどを置いておけば、自然にその場所で排泄するようになります。
最初は、ネコちゃんがお家に来る前に使用していたトイレと同じものを用意してあげることが一番ですが、同じものが用意できなければ、少し排泄物のにおいがついた砂などを入れておくと、トイレを覚えるのが早くなると言われています。

2.お気に入りのトイレにするために

トイレの設置場所は人の出入りが少ない、落ち着ける場所にして清潔な状態を保ってあげましょう。ネコちゃんはとてもキレイ好きなので、汚れているとその場所を嫌ってトイレで排泄をしなくなります。お留守番をさせている時など、こまめな掃除が難しい場合には、大きなトイレスペースを用意したり、もうひとつ別のトイレを用意したりするなど、キレイな状態で排泄できる状況を整えてあげましょう。

また、ネコちゃんはそれぞれトイレの好みが異なり、気に入らないトイレだと排泄を失敗してしまうことがあります。その場合は、トイレ砂の材質を好みのタイプに変えてみるなど、その子に合ったお気に入りのトイレ環境を探してあげるといいでしょう。

※トイレ選びのポイント

・容器の大きさ
容器の内側にネコちゃんの体がおさまり、向きを変えることができるくらいの余裕が必要です。またネコちゃんがまたぐことが可能である程度の深さのあるものがよいでしょう。ネコちゃんの中には、容器のふちに手をかける場合もあるので、ふちは適度な厚みが必要です。

・砂
鉱物製、紙製、木製など、さまざまな素材のものがあります。
布団の上でよく失敗してしまうネコちゃんについては、布団と感触の似ているシートを好む場合もあります。

考えられる原因

(1)縄張りへの不安
引っ越しや部屋の模様替え、新しい家族が増えた、など急激な環境の変化によってスプレー行動が起こることがあります。自分の縄張りが何者かによって侵されたと考え、スプレー行動で自分のニオイをつけて、縄張りを守ろうとします。

(2)情緒的な不安
外出を自由にしていたネコちゃんを外出禁止にした時やご家族が長期不在になった時、あるいは普段からもっとかまってもらいたいと思っているなど、情緒的な不安を感じた時にもスプレー行動によるニオイ付けで気持ちを落ち着けようとします。

(3)他のネコちゃんからの刺激
発情期のネコちゃんが近くにいたり、窓からよそのネコちゃんが見えたりした時に、自分をアピールしたり、縄張りを守ったりするために、スプレー行動が激しくなります。


(1)から(3)のそれぞれの原因に対して、何か良い対応方法は?
スプレー行為の場合、去勢手術も有効な解決策の一つにはなりますが、すでにスプレー行為が習慣化している場合や、多頭飼育の場合には、去勢手術だけでは 治まらないこともあります。


(1) スプレー行為の原因に環境の変化が考えられる場合で、環境を元に戻せない場合は、ネコちゃんが変化に慣れるまでは安心できるよういつも以上に気配りをしましょう。

(2)(3)情緒的な不安や他のネコちゃんからの刺激が原因となっているスプレー行為の場合は、原因となっている不安要因を取り除き、ネコちゃんが安心出来る環境を作ってあげましょう。
カーテンなどのご利用により、よそのネコちゃんの姿が目に触れないようにして頂くこともお勧めします。

※「不適切な排泄やスプレー行為をしてしまう場所」についての対応方法

(1) 繰り返し同じところにしてしまわないようにするためにも、汚れた場所は素早く掃除をし、ニオイや跡をできるだけ残さないようにしましょう。

(2) ネコちゃんには食事の場所で排泄をしない習性があるので、排泄やスプレー行為をしてしまう場所で食事をさせることも有効だいわれています。

(3)排泄やスプレー行為をしてしまう場所の床に両面テープなどを貼り、ネコちゃんが行きたがらないようにして頂くと良いでしょう。

引っ越しや部屋の模様替え、新しい家族が増えた、など急激な環境の変化によってスプレー行動が起こることがあります。
自分の縄張りが何者かによって侵されたと考え、スプレー行動で自分のニオイをつけて、縄張りを守ろうとします。

(2)情緒的な不安
外出を自由にしていたネコちゃんを外出禁止にした時やご家族が長期不在になった時、あるいは普段からもっとかまってもらいたいと思っているなど、情緒的な不安を感じた時にもスプレー行動によるニオイ付けで気持ちを落ち着けようとします。

(3)他のネコちゃんからの刺激
発情期のネコちゃんが近くにいたり、窓からよそのネコちゃんが見えたりした時に、自分をアピールしたり、縄張りを守ったりするために、スプレー行動が激しくなります。

みなさんからのコメント

まるのお父さんさんのまるちゃんからのコメント
皆さんこんにちわ。 まだ家に来て一週間たってませんが、まるはやんちゃぶりを発揮しています。1月2日生まれで、幼猫ですが、食欲も旺盛で元気です。大学生のお兄ちゃん、高校のお姉ちゃん、お母さんみんなに可愛がって貰い、早くもわがままぶり。家の中を飛び回っています。来月は3回目の三種ワクチンの予定ですが、獣医先生は、家ねなら2回で良いわよ!と言ってます。痛いから不要なら辞めたいですが?飼い主の先輩の皆さんのご意見は如何でしょうか? それから、自分のおしっこが付いたトイレのおから砂を食べ困っています。経験のある方原因と対策を教えて下さい。宜しくお願いします。にゃん。 まるのお父さんより
のんのんの母さんののんのんちゃんからのコメント
さくらちゃんさんのネコちゃん、痛い思いして可哀想でしたね。 ネコちゃんのマーキングは、不安だったり、怖かったり、痛い思いをした経験がストレスとなり、はじまることがあると聞いたことがあります。さくらちゃんさんのネコちゃんも痛くて怖かったのでしょうね。ストレスのもとを取り除くこと、つまりそのときを思い出すような行動を控えたほうが良いので、しばらくはお散歩にいかないようにして、安全地帯のみで生活させてみて、様子をみてはどうでしょうか。 落ち着いた生活をしているうちに、安心を取り戻しておさまるといいですね。 怪我もすっかりよくなりますように。
ネコ大好きさんのさくらちゃんからのコメント
雑種の雄猫で去勢済みです。1月初めごろに散歩中に野良猫にひっかかれたようで頭に傷ができた状態で帰ってきました。その日は消毒と軟膏を塗って様子を見ることにしました。そして翌日になって夕方に見たら傷のところがテニスボールくらいに晴れてしまいビックリしてかかりつけの病院へ行こうとしたのですが木曜日で休診のため近所の動物病院へ行き見てもらったところ野良猫にひっかかれた時にばい菌が入ったようだといわれ、切開して膿み出しして縫合してもらいました。 通院で慣れないケージに入れ何度か通ったせいもあるのでしょうがその後烏みたいな変な鳴き声を連発し、スプレー行動が止まりません。以前はとてもおとなしく臆病な子でおしっこもキチンとトイレでして終わると鳴いて教えてくれてました。傷は治ってきて散歩に出して3日目で烏の様な鳴き声は何とかおさまってきましたがスプレー行動は治りません。 他にも同じようなことを経験された方はいるでしょうか。長くて済みません。

コメントを投稿する