コメントを書く・読む

ワンちゃんの栄養について 1.水分摂取について

私たち人間を含めたどうぶつが生きるためには、体内に栄養(素)を取り入れなければなりません。食物に含まれる栄養(素)は骨・筋肉・体を構成する成分となりますし、エネルギーを作る原料にもなります。また、体内での化学反応や代謝、物質の運搬に関わり、熱(体温)を作るなど、たいへん重要な働きをします。

たんぱく質、炭水化物、脂質、ミネラル、ビタミン類を五大栄養素といい、とりわけエネルギーの供給に関わるたんぱく質、炭水化物、脂質を三大栄養素といいます。また、水を第6の栄養素として扱うことがあります。

水の重要性については、「水を摂取しないでいると1週間程度しか生きられない」、「体内の重量の10%の水を失うと生命の危機が生じる」といわれることからも明らかです。それでは、水は体内でどのような働きをしているのでしょうか。

生体内での水

飲水や食事中に含まれる水分により、水は体内へ摂取されます。また尿、便、唾液、呼気中の水分として排出されます。生体の体重の概ね60%を水が占め、そのうちの3分の2は細胞内に存在します。血液は体の隅々にまで酸素や栄養素、ホルモンなどを運搬し老廃物や不必要な物質を回収します。この血液の約90%を水分が占めます。

細胞の外、細胞と細胞の間や細胞の内部を体液が一定のバランスを保ち存在しています。これらの体液のバランスが崩れると脱水症状や浮腫(むくみ)がみられるようになります。

水の働き

1.化学反応に適した環境を作る

体内では、栄養素などの物質が分解され、合成され酵素反応が起き代謝され・・・複雑な化学反応が起きています。さまざまな化学反応にとって水はなくてはならない存在です。

 

2.体温の調節

温まりにくく冷めにくい(比熱が大きい)という水の性質は、体内の急激な温度変化を防ぐことに大きく役立っています。

また、ワンちゃんやネコちゃんのような汗腺が発達していないどうぶつでは、口を開いてハァハァと浅く速い呼吸(パンティング)をすることで唾液とともに熱い呼気を体の外に吐き出して体温調節をします。

 

3.運搬する

水は、血液やリンパ液のような体液として栄養素やホルモンを体の隅々まで運び、老廃物や過剰に摂取した物質を回収するという重要な役割を担っています。

 

4.排泄機能に関わる

(1)腎臓の役割と排尿

血液は体内を循環する過程で腎臓を通過します。腎臓を通過する際、血液中の不要な物質をろ過して血液をきれいにします。その後、必要な物や水分は再吸収されて不必要な物は尿として排出されます。代謝の過程で体内ではアンモニアなどの老廃物が産生されますが、腎臓の働きが衰え、適切に体外に排出できなくなると、体に有害な老廃物を体内に留めることになってしまいます。

また、腎臓では血圧維持のためのホルモンを分泌し、水分と塩分の排出量を調整することで尿量を調節しています。

 

(2)排便

食べ物を消化・吸収するために要する唾液、胃液や胆汁、膵液、消化酵素は一日に9リットルほどになります。ドロドロな状態で小腸にたどり着いた食べ物は、必要な栄養分を体に供給した後、大腸で水分が吸収され、便として排泄されます。

ワンちゃんの水分摂取が足りないことが、便秘の原因となることもあります。

 

飲みたいときに飲める環境を!

ワンちゃんが「水を飲みたい」と感じたときには、いつでも飲めるような環境を作っておきましょう。ドライフードを利用している場合には、ぬるま湯でふやかして与えるなど、水分摂取量を増やす工夫をなさってもよろしいでしょう。

多飲多尿について

腎臓でろ過された原尿を濃縮し、尿管や膀胱を経て尿が排泄されますが、何らかの原因により一連の機能が正常に働かなくなると、体内に残すべき水分がどんどん体外に排出されてしまいます。生体は脱水状態になってしまうので、たくさんのお水を飲んで補給しようとします。このような症状が多飲多尿です。ワンちゃんの体にあらわれた異常を早期に発見するためには、ワンちゃんの尿の量や飲水量、尿量を把握しておくことが重要です。

 

  1. ◇飲水量の目安

運動量、季節、食事量などにより異なりますが、飲水量はワンちゃんの体重1kgあたり40~60ミリリットルが目安となります。

 

  1. ◇尿量の目安

尿量は、ワンちゃんの体重1kgあたり20~45ミリリットルが目安となります。

 

みなさんからのコメント

むくままさんのむくちゃんからのコメント
メスの柴犬を室内飼いで飼っています。我が家も手術しましたが、かなり恐怖だったようで手術後立ったまましか寝ず、急に家の隅に走って泣きながら逃げたりしていました。今は9歳になりましたが、自然体でいてあげるのが良かったかなと、後悔もしています・・
まろりんさんのマロちゃんからのコメント
7か月のメスの柴犬を飼っております。そろそろ、去勢の時期ではありますが、去勢をさせるかどうか?で 悩んでおります。 ペット病院の方や、しつけ教室のトレーナーさんにもお話は聞きました。去勢をするメリット、デメリットも理解はしたつもりではありますが、一般的に犬を飼われている人で去勢をされる割合いはどのくらいなんでしょうか? しないで済むのでしたら、させない方向で今は考えております。ただ、いつのタイミングで発情(生理)が来るのか まったくわかりません。来た時の対応はどのようにしたらいいのでしょうか? 犬にとっては、どちらの選択が望ましいのでしょうか?仕事をしており、普段はゲージに入れて室内会をしております。生理が来た際には、なめたりさせないように清潔に保たないと、膀胱炎になると先生にいわれました。 その辺りも、自分で観察してあげられるか心配なところでもあります。 一般的な飼い主さんの考えなど、聞かせて参考にさせていただければと思っております。

コメントを投稿する