コメントを書く・読む

心筋症(拡張型・肥大型)

心筋症(拡張型・肥大型)とは

心筋症とは、心臓を構成する筋肉である心筋が、何らかの原因で通常よりも厚くなったり薄くなったりするなどの異常を起こし、心臓の働きが弱くなる病気です。症状がなくても進行していくことが多いので、症状の有無にかかわらず治療を続けることが大切です。

原因

心筋症は、大きく「拡張型心筋症」と「肥大型心筋症」の2つに分けられますが、その原因はワンちゃんやネコちゃんと同様に明らかではありません。
フェレットさんでは肥大型よりも拡張型が多いといわれております。また、フェレットさんの心筋症の発生には内分泌疾患、栄養障害、中毒やウイルス性疾患が関与しているともいわれています。
(1)拡張型心筋症
 心筋が薄く伸びてしまい収縮力が弱まることから、血液の循環不全を起こします。
 高齢のフェレットさんに多く見られます。
(2)肥大型心筋症
 心筋が厚くなり、心臓の空間部分である心室が狭くなります。
 このため、心臓が強く拍動できず、血液の循環不全を起こします。

症状

軽症の場合では無症状の傾向がありますが、病状の進行に伴い元気消失、食欲低下、削痩(さくそう)※、発咳(はつがい)などがみられます。症状が重くなると呼吸困難、血液中の酸素濃度の低下が原因で皮膚や舌などが暗赤色や紫色になる(チアノーゼ)、低体温、粘膜の色が蒼白くなる(粘膜蒼白)などが見られます。循環不全が進行すると、血液の液体成分である血漿が漏れ出て、胸水や腹水が貯留したり、肺に水が溜まったりして(肺水腫)衰弱します。また、脈拍が正常の範囲を超えたり(頻脈)や不規則であったり(不整脈)、心雑音などがみられたりします。
※健康な状態の体重が著しく減少して、異常に痩せてしまった状態が削痩です。

診断

身体検査において、聴診で心音や肺音の異常(頻脈、雑音など)を確認し、X線検査で拡大した心臓、胸水・腹水の貯留の有無、肺水腫の有無、肝臓や脾臓が大きく腫れていないか(肝腫・脾腫)などを確認します。異常な不整脈がみられた場合は心電図検査を行い、心臓の形態的な異常は超音波検査で確認を行います。血液検査では、全く異常値がないこともあれば、循環不全のために内臓の数値に異常が出る場合もあります。

治療

心筋症の根本的な治療は確立されていませんが、症状に合わせた治療を行います。例えば、肺に水がたまっている(肺水腫)ときには利尿剤を用いたり、循環不全を解消するために血管拡張薬や強心剤などを用いたりします。運動制限を行うこともあります。また、重症になると酸素吸入が必要となることもあります。心不全に対する治療に加えて、不整脈や血栓の塞栓症に対する治療や心筋症の進行を防ぐ治療が基本となります。不整脈には抗不整脈剤、血栓に対しては抗凝血剤のワルファリンなどを用います。

予防

早期ですと症状を示さないこともあるので、病気の早期発見のために健康診断は欠かせません。早期発見することで症状を軽減し、進行を遅らせてあげることは可能です。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する