コメントを書く・読む

脊索腫(せきさくしゅ)

脊索腫(せきさくしゅ)とは

フェレットでは比較的発生頻度の高い腫瘍の一つです。胎生期にみられる脊索という組織は成長に伴い脊椎になりますが、この脊索が誕生後にも残り腫瘍化したものが脊索腫です。発生部位は尾の先端が最も多く、その他に頚椎での発生も報告されています。

原因

出生後に椎間板の芯(髄核)として残った脊索から発生する腫瘍です。ヒトでもみられ、ワンちゃんやネコちゃんなどでも発生が報告されていますが、フェレット以外の動物での発生は稀であるとされています。

症状

尾の先端に光沢のある丸い腫瘍ができます。小豆大であったものがゴルフボール大より大きくなることがあります。尾の先端の発生の場合、生活に支障をきたさないことがほとんどですが、大きくなると自分で噛んでしまったり、怪我の原因となったりすることがあります。一方で、頚部に発生すると腫瘍が椎体へ及ぼす影響の程度に応じて運動失調、後肢の麻痺などの神経症状を示すことがあります。

治療

尾の先端に発生した腫瘍であれば外科的に切除すれはその後の経過は良好です。しかしながら、頚部に発生した腫瘍は浸潤する可能性が高く、他の臓器への転移性も高いことから治療が困難になるケースがあります。

予防

早期発見、早期治療が重要です。普段からフェレットとコミュニケーションや
スキンシップを取り、行動の変化や異常により早く気が付くように心掛けましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する