コメントを書く・読む

インフルエンザ

インフルエンザとは

ヒトが罹るインフルエンザの中にはフェレットさんにも感染するものがあります。フェレットさんがインフルエンザにかかると、ヒトと同様、呼吸器症状(くしゃみ、鼻水、せき)を起こし、悪化すると死亡することもあります。

インフルエンザ

原因

飼い主さんの感染しているインフルエンザウイルスが、飛沫(くしゃみなどをした拍子に出た鼻水や唾液)を介してフェレットさんに感染します。また、インフルエンザに感染したフェレットさんの飛沫を介して他のフェレットさんやヒトにインフルエンザウイルスが伝播することとなります。

症状

成獣のフェレットさんでは比較的軽症で済みますが、若齢の場合は重症になりやすいため注意をしましょう。
感染初期には、発熱、くしゃみ、鼻水、せきがあり、食欲もなくなります。肺炎にまで進行すると若齢のフェレットさんでは命取りになることがあります。

治療

水分補給や好きな食餌で食欲をそそるなどして栄養補給に心がけ、フェレットさんの体力が回復するのを待ちます。二次感染を防ぐための抗生剤の投与や、くしゃみや鼻水などの呼吸器
症状に併せて対処療法を行うこともあります。

予防

お家の外からインフルエンザウイルスを持ち込んでしまうのは、主に飼い主さんです。飼い主さん自身の健康管理のためにも、手洗い・うがいなどのインフルエンザ予防を心がけ、もしもインフルエンザにかかってしまったときには、フェレットさんの世話を他のヒトに代わってもらうなどしてなるべく近づかないようにしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する