コメントを書く・読む

エストロジェン過剰症

エストロジェン過剰症とは

発情中にはどうぶつの卵巣からエストロジェンという性ホルモンが分泌されますが、このエストロジェンには造血器である骨髄を抑制するという効果もあります。エストロジェン過剰症は、発情が持続することによりエストロジェンが長期間、過剰に分泌されて、白血球や血小板の減少や貧血を引き起こす病気です。

原因

フェレットさんは交尾刺激がないと排卵せず、その場合、発情が持続します。野生のフェレットさんは交尾とともに排卵をし、発情が終わります。ところが、販売されているフェレットさんで避妊をしていない場合には交尾刺激がありません。そのため発情が持続し、この期間中、分泌されるエストロゲンの影響を受け続けることにより、骨髄の造血機能が抑制されてしまい、エストロジェン過剰症が起こります。なお、避妊手術を受けていても、卵巣の一部が体内に残っている場合や副腎腫瘍の場合にも同様の症状を引き起こすことがあります。

症状

体の変化としては、尻尾、腰、体の左右対称の脱毛や陰部の腫れや粘液の分泌、乳腺の腫れがみられます。また貧血のため、歯肉や可視粘膜、耳、肉球などが白っぽくなり、食欲、元気の消失、体重や体温の低下、脱水症状などがおこります。また、血液の凝固障害を起こし、点状出血、斑状出血などの止血異常を起こします。また白血球が減少することにより、二次感染を引き起こす場合があります。

治療

避妊をしていないフェレットさんの場合、エストロジェンの分泌を抑えるため、卵巣子宮の摘出を行いますが、来院時に重度の貧血を引き起こしている場合には、ホルモン注射により排卵をさせてエストロジェンの分泌を止め、支持療法を行い貧血の回復を待つ場合もあります。また、高齢で手術のできない場合には、ホルモン注射による内科療法で対応することもあります。また、原因が副腎腫瘍にある場合は、副腎の外科的摘出やホルモン剤の注射など、その治療を行います。

予防

繁殖を考えないのであれば、避妊手術を行うことで予防できます。避妊手術を受けずに予防するためには、排卵を誘起させるホルモン注射や交尾による排卵誘発を行うことが選択肢として挙げられますが、シーズン毎に繰り返さなければならず、飼い主さんとフェレットさんにとって負担が大きくなってしまいます。なお、発情が一ヶ月以上続いた場合はこの病気の危険性が高いため、かかりつけの動物病院で受診されることをお勧めします。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する