コメントを書く・読む

リンパ腫

リンパ腫とは

リンパ腫は、血液中にある白血球の一つであるリンパ球が癌化する血液における癌の一種で、高齢のフェレットさんによくみられます。病変の位置により症状が異なってきます。

原因

発症の原因ははっきりわかっていませんが、環境やウイルス感染、遺伝的な関与などが要因としてあげられています。

症状

リンパ腫に侵されたリンパ節は腫大しますが、リンパ節の部位によって症状が異なります。胸腔にあれば、呼吸困難や咳がみられ、腹部の場合には、下痢や嘔吐、排尿排便困難などの症状を示すことがあります。その他の症状として後肢の麻痺、体重減少、元気消失、脾腫、削痩などの症状を示すことがあります。 若齢のフェレットさんが罹患した場合には、胸腺、脾臓、肝臓等の臓器に病変が発生しやすく、老齢のフェレットさんの場合には、腎臓や副腎、胃、すい臓、脾臓に発生しやすいといわれています。

治療

一般的にリンパ腫の治療は抗がん剤の投与を行います。また、抗がん剤の効果を高めるために、病変のあるリンパ節や脾臓を摘出することもあります。抗がん剤治療の効果により、フェレットさんは延命ができ、症状が一定期間消失して、適切にコントロールされた安定した生活を送ることができる時期を迎えることがあります(この状態を寛解状態といいます)。しかしながら抗がん剤には副作用があり、その効果も個体差があります。抗がん剤の副作用には嘔吐や下痢、食欲不振、血球の減少などの症状を伴うことが多いため、癌の進行状態や抗がん剤の種類、その投与法や投与の費用、また、抗がん剤の投与によりどのぐらい延命できるのかなど、治療方針とその効果についてかかりつけの先生とよく相談してから治療に臨むことが重要です。

予防

発症の原因が不明なため、発症自体を予防することは困難ですが、早期発見により、癌が進行する前の治療が可能ですので、日頃からフェレットさんの体をこまめに触ることを心掛けることが大切です。特に顎の下や脇の下、内股や膝の裏側などにはリンパ節があるので、しこりや腫れがないかのチェックを心がけましょう。フェレットさんの体にしこりや腫れがみられた場合は、早めに動物病院にご相談ください。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する