コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

ケンネルコフ

ケンネルコフとは

ケンネルコフは、犬伝染性気管気管支炎といわれ、咳を主な症状とした伝染力の強い呼吸器の感染症です。

原因

パラインフルエンザウイルス、犬アデノウイルスII型、気管支敗血症菌(ボルデテラ菌)などの病原体のうちのひとつ、あるいは複数に感染することで症状が引き起こされます。ケンネルコフに感染したワンちゃんの唾液や痰、鼻水などから感染します。特に免疫力の低い子犬は感染しやすいので気をつけなくてはなりません。

症状

喉になにかが詰まったようなしつこい咳(短い乾いた咳)が主な症状となります。しかし、細菌による二次感染を起こすと、それに加えて鼻水や目やに、発熱、食欲不振などがみられ、重症の場合には肺炎へ移行することもあるので注意が必要です。

治療

細菌には抗生剤の投与が効果がありますが、ウィルスが原因にある場合はウィルスそのものを排除するような治療法がないため、症状により対処療法を行います。咳止めや去痰剤の投与、ネブライザーによる治療(吸入治療)の他2次感染防止のために抗生物質などを投与します。また、飼育管理を良好にしたり、食事療法を行うことで、ワンちゃん自身の免疫力が高まるのを待ちます。

予防

ケンネルコフの症状がある場合は、早めの通院、治療をお勧めします。ワクチン接種で防げる病気です。ワクチン接種を受ける際には、接種時期や種類などについてかかりつけの動物病院にご相談ください。また、ケンネルコフに感染している疑いがあるワンちゃんがいる場合は、感染の蔓延を防ぐためにそのワンちゃんを隔離し、環境(ケージや食器など)の消毒を行なうことが重要です。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する