コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

肛門周囲腺腫

肛門周囲腺腫とは

肛門の周囲および尾根部によくみられ、硬い結節として発生する腫瘍で、痒みを伴うこともあります。高齢の去勢していない男の子のワンちゃんに比較的多くみられ、悪性のものと良性のものがあります。女の子での発生は、ごくまれとされていて、発生した場合悪性のものが多いといわれているので注意が必要です。

原因

雄性ホルモンが大きく関与しているといわれています。

症状

良性の場合でも、腫瘍の程度によって皮膚の潰瘍化、出血、化膿などを引き起こすことがあります。また、さらに進行すると排便障害(便が出にくい)などの症状が現れる場合があります。

治療

多くの場合、腫瘍の外科的摘出を行います。また、多くの場合、発症に雄性ホルモンが関与しているため、男の子の場合には、腫瘍の摘出手術と同時に去勢を行います。

予防

発症に雄性ホルモンが関与しているので、若いうちに去勢をすることがこの病気の予防となります。また、良性の場合でも経過とともに悪性に変化する場合があるので、肛門付近(肛門の周囲および尾根部など)にしこりが発見された場合は早めにかかりつけの動物病院に行きましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する