コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

膀胱炎

膀胱炎とは

ブドウ球菌や大腸菌等の細菌感染によって膀胱に炎症が起こる病気をいいます。

原因

膀胱内に侵入したブドウ球菌や大腸菌等の細菌が原因となって膀胱に炎症がおきます。また、膀胱内に生じた結晶や結石によって膀胱が傷つけられ、そこに細菌が感染することで引き起こされることがあります。

症状

血尿が見られたり、頻尿(少量しか尿がでないが、トイレに頻繁に行く症状)などがみられます。頻繁に水を飲む症状や、発熱や食欲不振がみられることもあります。

治療

抗生剤の投薬で細菌感染を抑えていきます。なかなか改善が見られないときには尿中の細菌培養検査等を行い、投薬する抗生剤の種類を再検討することもあります。また、膀胱内の結晶や結石が原因となって引き起こされてる場合には、膀胱炎の治療と併行して、その原因となる結晶や結石の治療やケアを行うことがありますので、その場合、獣医師とよく相談して治療を行ないましょう。

予防

膀胱炎の原因の一つとなるリン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)結晶の予防には低リン、低マグネシウムの食事を心がけるとともに、ワンちゃんが新鮮な水をいつでも飲むことが出来るような環境にすることが重要です。また、早期発見が重要となってきますので、日頃ワンちゃんの水を飲む量やトイレの回数、尿色や量などをきちんと確認することが大切です。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する