コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

腎不全

腎不全とは

腎臓は、尿の生成や体の中で不要になった老廃物や毒素の尿への排出、ホルモンの分泌などを行っている臓器です。この腎臓が障害を受けて十分に機能しなくなると、ワンちゃんに多飲(お水をたくさん飲む)や食欲不振、嘔吐などさまざまな症状を引き起こします。この状態を「腎不全」といいます。
腎不全はワンちゃんの老齢期で発症が多く、死亡率の高い病気です。

原因

細菌やウイルスの感染による腎炎や、外傷、薬物などによる中毒、心不全やショックなどによる腎血流量の低下、免疫疾患などによる腎炎、尿路結石症などによる尿路の閉塞などさまざまな原因があげられます。

症状

腎不全は大きく分けて、「急性腎不全」と「慢性腎不全」に分けられます。

●急性腎不全
数時間から数日という短期間で腎臓の働きが低下し、本来、尿中に排出される老廃物や毒素が血液中に増加し、「尿毒症」という状態になることがあります。無尿、乏尿(尿量が著しく減少すること)、食欲不振、下痢、嘔吐、脱水などの症状がみられ、重症になると、痙攣や体温低下、電解質異常などを起こし、死に至る場合もあります。

●慢性腎不全
急性腎不全と異なり、長い経過をたどり腎臓の働きが徐々に低下した状態をいいます。初期は無症状な期間がありますが、その後、飲水量が増え、尿量が増す多飲多尿の状態となります。また、体重減少や嘔吐、貧血などの症状がみられ、尿毒症まで発展すると元気消失、嘔吐、下痢、痙攣などの神経症状も引き起こします。

治療

すでに破壊されてしまった腎臓の組織は、回復することがありません。そのため、血液中の老廃物や毒素を体外に排出させることが治療の主体となります。その方法としては、点滴(静脈点滴や皮下点滴など)により体液を増加させることで尿量を増やすことや、腹膜透析などを行い、老廃物の排出を促します。腸内でタンパク質を吸着させ、便として体外に排泄させるような薬や腎高血圧をふせぐために降圧剤などの内用薬を投与する場合もあります。
さらに、腎臓の負担を軽減させるために食事療法が推奨されます。タンパク質の多い食事は尿毒症を引き起こす老廃物の素となるため、その量を制限することと良質な食事を与えることが重要です。また、ナトリウムやリンなどについても制限が必要です。食事療法に関しましては、腎不全用の特別療法食があります。給餌方法や量などについては、かかりつけの獣医師にご相談ください。

予防

腎不全の予防には、塩分を控えた栄養バランスのとれた食事や新鮮な水がいつでも飲める環境
を保つよう心がけましょう。定期的な血液検査や尿検査などの健康診断を受けることも大切です。ご自宅では、ワンちゃんの飲水量・排尿の状態のチェックをこまめに行ないましょう。また、多飲多尿などの症状がみられた場合は、早めに動物病院にご相談ください。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する