コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

乳腺炎

乳腺炎とは

乳腺は、左右の乳頭に沿って存在する乳汁を分泌する分泌組織で、乳腺炎はこの乳腺組織に炎症が起こる病気です。発情後や出産後授乳時期の女の子のワンちゃんに多くみられる病気です。

原因

乳腺炎は乳汁の出口となる乳頭口から細菌が侵入することなどが原因で起こります。とくに授乳期に、子犬の歯や爪から細菌が侵入することが要因となります。また、出産していなくても発情後のホルモンの影響で起こることがあります。発情後、乳腺はホルモンの影響で発達し、過剰な乳汁分泌が起こることがありますが、この時に乳汁のうっ滞を起こすことが原因で乳腺炎が生じることがあります。

症状

乳腺炎が起こると、乳腺の腫れや熱感、痛み、黄色身を帯びた乳汁の排泄などの症状がおこり、症状が重い場合は、全身の発熱や食欲低下などの症状が見られます。さらに、重症となり乳腺の炎症が広がり化膿すると、皮膚や皮下組織が壊死することがあります。

治療

細菌感染が乳腺炎の原因となっている場合は抗生物質を投与し、細菌の関与がない場合は消炎剤などの投与をおこないます。また、炎症部位には、保冷剤や湿布、濡れタオルなどで冷却し炎症を抑えます。ワンちゃんが授乳中の場合は、乳腺炎の状態によって人工哺乳に切り替えることがあります。

予防

授乳時期は子犬の歯や爪が細菌感染の原因となるため、子犬ちゃんの爪が伸びていたら切り、離乳の時期には適切な食事を子犬に与えてあげ、確実に離乳させましょう。発情後に乳腺炎を起こすワンちゃんの場合、発情のたびに繰り返す傾向があります。この場合、避妊手術をすることで再発を予防できます。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する