コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

肺水腫

肺水腫とは

呼吸をする際に空気を取り込む肺の中の肺胞という部分に水が溜まった状態になることを肺水腫といいます。ほとんどの場合、心臓疾患などの他の病気の症状として現れます。

原因

肺水腫の原因を大きく分類すると下記のように心臓の病気によって発症するものとそれ以外のものがあります。
・心臓性・・・心臓の疾患が原因となって起こります。心臓の機能不全のために肺の血圧が上昇し、その結果、肺胞に水がたまってしまいます。ワンちゃんでは僧帽弁閉鎖不全症などの心疾患でよくみられます。
・非心臓性・・肺炎や気管支炎などの炎症によって肺の血管の透過性が高くなり、そこから水分が漏れ出すことで発生します。

症状

呼吸困難の症状が現れます。呼吸は速く浅くなり、口を開けゼーゼーとあえぐような呼吸になります。
ワンちゃんは少しでも楽に呼吸するために、座った姿勢をとりつづけたり、横になるのを嫌がることがあります。また可視粘膜(目で見えることができる口や結膜などの粘膜)が白っぽくなる症状などがみられます。

治療

肺に溜まった水を除去するために、利尿剤を投与したり、酸素の吸入を行ったりします。
心臓や肺に基礎疾患がある場合にはその治療も同時に行います。

予防

心臓や肺の病気が原因となって起こる症状であるため、これらの基礎疾患の早期発見、早期治療が重要になります。定期的に健診や聴診を受け、また上記のような症状がある場合はすぐに病院に通院してください。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する