コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

肺炎

肺炎とは

肺炎とは肺に炎症を起こす病気のことで、ウィルスや細菌などによる呼吸器感染症の悪化や、異物などの誤飲によっておこります。重症になると死に至ることもあるため注意が必要です。

原因

子犬の場合、細菌、ウイルス、真菌などの感染によって多くの場合発症します。肺炎を起こす代表的なウイルス感染症の中には犬ジステンパーウイルス感染症があります。感染症の他には、アレルギーなどが原因の場合や、異物の誤飲、刺激性のガスや薬品などを吸い込んで肺炎を起こすこともあります。

症状

咳や発熱、呼吸が荒くなる、食欲がなくなる等の症状が見られますが、重症になると呼吸困難がみられ、特に仔犬は症状が重くなります。ワンちゃんがこのような状態になったときに、無理に運動をさせたり興奮させたりすると、ひどい呼吸困難をおこして倒れたりすることがありますので注意をしましょう。

治療

抗生物質の投与などによる内科的治療を行ないます。呼吸困難を起こしている場合には、酸素室での酸素吸入が必要となってきます。肺炎は、他の呼吸器疾患と比べて症状が重く、ワンちゃんが亡くなってしまう可能性もあるため、一刻も早く治療を受ける必要があります。

予防

犬ジステンパーウイルス感染症や犬アデノウイルス2型感染症などが原因となるウィルス感染症に対してはワクチンの予防接種を行います。また、重症にならないよう、早期発見、早期治療を行うことが重要です。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する