コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

短頭種気道症候群

短頭種気道症候群とは

頭蓋骨の長さに比べて鼻の長さが短いブルドッグ、パグ、シーズーなどの犬種のことを短頭種といいますが、短頭種のワンちゃんでは咽頭や鼻の構造上の特徴から特に熱い気候のときや興奮時に呼吸器の病気が多発しますので注意が必要です。 短頭種に多く発生する呼吸器の病気を総称して、「短頭種気道症候群」と呼んでいます。

原因

短頭種のワンちゃんには構造上の問題として狭い外鼻孔(鼻の穴が狭い様子)、軟口蓋過長(口の中の上あごの柔らかい部分が大きく垂れ下がっている状態)などがあります。これらの構造がもとになり、興奮や夏の暑さなどで急速に激しい呼吸が続いた場合、伸びた軟口蓋が気道の入り口近くで陰圧の状態をつくりだし、その影響で気管の入り口を塞いでしまうことがあります。このため、呼吸困難などの症状に陥ります。

症状

寝ているときいびきをかくことがあります。また、運動することを嫌がったり、熱い気候や興奮時に口を開け激しい呼吸をしたりしますが、呼吸困難に陥り、泡を吐き失神することもあります。通常これらの症状は年齢とともに進行していき、肥満なども気道を狭くする要因となるため、これらの症状を悪化させます。

治療

根本的な治療は外科的に手術をして構造を整復することになります。鼻の穴を大きく広げる手術、あるいは軟口蓋の垂れ下がった部分を切除する手術がありますが、この2つを同時に行うこともあります。短頭種では麻酔による呼吸不全のリスクがその他のワンちゃんよりも高いため、手術の時期や方法、麻酔のリスクなどについてはかかりつけの先生と十分に相談することが重要です。

予防

肥満になると短頭種のワンちゃんは呼吸不全になるリスクが高くなります。しっかりと体重管理をして、肥満にならないように気をつけましょう。また、高い気温にも注意が必要です。夏の暑い気候や車の中やケージ内などの温度にも気をつけましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する