コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

膵外分泌不全

膵外分泌不全とは

膵臓は「タンパク質や脂肪、炭水化物を分解する消化液を出し、血糖値をコントロールするためにインスリンを出す」などの役割を担っている臓器です。膵外分泌不全症とは膵臓の消化液を出す組織が傷害を受け、消化液が出せないために、消化不全の症状を起こす病気です。

原因

消化酵素を出す膵臓の組織が傷害を受けるために起こります。「なぜ起こるのか」というはっきりとした原因はわかっていませんが、ワンちゃん自身の免疫機能が自分の膵臓組織を攻撃してしまう、自己免疫疾患ではないかといわれています。

症状

消化不全に陥るため、食べ物を食べても十分な量の栄養素を吸収することができず、慢性の下痢や体重減少の症状が起こります。下痢の便は脂肪が消化できないために、悪臭があり、脂肪が多く含まれた便になります。

治療

一般的に、膵臓の機能が回復することが難しいため、生涯治療をすることになります。膵臓からの分泌が不足する消化酵素を投与し、また腸の状態によって、抗生剤なども投与します。低脂肪の食事に切替るなどの食事管理も併せて行います。

膵外分泌不全は、一度発症してしまうと生涯にわたり治療を継続する可能性が高い病気です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する