コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

急性多発性神経根炎

急性多発性神経根炎とは

北米ではアライグマに噛まれた猟犬に発症がみられることから「アライグマ猟犬麻痺」として 知られています。麻痺を伴う神経疾患で、年齢や性別による発症の差は特にありません。
このほか、狂犬病生ワクチン注射後に発症するという説もありますが、関連性が明らかになっていません。人間にみられるギランバレー症候群などの疾患との類似点から、自己免疫疾患の一種ではないかとも考えられています。

原因

アライグマの唾液中に含まれる成分に対する免疫応答という仮説もありますが、アライグマと 全く接触した可能性のないワンちゃんにも発生が認められており、原因は不明です。

症状

しゃがれたような声になるといった、鳴き声の変化がみられることがあります。さらに後肢の 麻痺が起こり、前肢や顔面に広がります。「嚥下や咀嚼が困難になる」、「失禁」、「呼吸麻痺」など、さまざまな部位に神経麻痺症状を示します。症状は10日以上経過するとそれ以上は   進行せず、数日から数ヶ月の期間をかけて回復していくのが典型的といわれていますが、悪化していく例もあるようです。

診断

原因不明のため、その他の原因による神経麻痺が除外された場合に、臨床症状と神経学的所見に よって推定します。確定診断には病理解剖を行う必要があり、生前の診断方法は今のところ確立されていません。

治療

発症後48時間以内のグルココルチコイド投与が有効であったとの報告があります。
発症の機序が解明されていないので、有効な治療方法は確立しておらず、症状に応じた対症療法を実施することになります。マットなどを利用して定期的に身体の向きを変え、床ずれを防ぎます。

予防

原因不明のため予防方法はありませんが、近年日本においてもペットとして飼われていたアライグマが捨てられ野生化していることがありますので、ワンちゃんのお散歩をしている時に接触することがないように注意しましょう。またワンちゃんが飼い主さんの手元から離れて接触することがないよう、普段から首輪やリードに破損がないかをチェックして、安全にお散歩ができるよう注意をすることが大切です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する