コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

ブドウ膜炎

ブドウ膜炎とは

目の組織のうち、瞳孔(黒目のこと)の周りの眼球の色がついている部分である「虹彩(こうさい)」、水晶体を取り囲んで水晶体の厚みを調節する毛様体筋がある「毛様体(もうようたい)」、強膜(白目のこと)の内側にある膜である「脈絡膜(みゃくらくまく)」を総称して「ブドウ膜」といいます。「ブドウ膜」には目に栄養を与えるための毛細血管が分布しており、眼球の内部を覆っています。何らかの原因により、このブドウ膜の一部もしくは全体に炎症が起きるのがブドウ膜炎です。

原因

ブドウ膜炎の症状はさまざまで、白目の部分が真っ赤に充血し、目の痛みのために目をショボショボさせたり、瞼を震わせたりするというような仕草が見られます。目ヤニや涙の量が増えることもあります。重度になると目の表面が曇り、目の中にモヤがかかったように見えたり、虹彩の色や形が変化したりすることがあります。また、ブドウ膜は視覚に関与する網膜に隣接しており、網膜に炎症が広がると視力の低下や失明することもあるため、物にぶつかる頻度が増えることもあります。

症状

ブドウ膜炎はさまざまな他の目の疾患から続発して発症したり、ブドウ膜炎自体が他の目の疾患の原因となったりすることが多いため、原因疾患または続発した疾患の治療とともに、ブドウ膜炎の炎症を抑える治療を行います。

治療

ブドウ膜炎はさまざまな他の目の疾患から続発して発症したり、ブドウ膜炎自体が他の目の疾患の原因となったりすることが多いため、原因疾患または続発した疾患の治療とともに、ブドウ膜炎の炎症を抑える治療を行います。

予防

目の組織は互いに隣接しているため、ブドウ膜炎を発症していなくても目の疾患が他にある場合には特に注意が必要です。早期発見のためにもワンちゃんの目を日頃から観察し、白目の充血や目の表面の濁りなどの異常を見つけた場合には、すぐに獣医師に診察してもらいましょう。また、全身性疾患が原因となっていることもありますので、目の異常以外でも気になる症状があれば早めに通院して、早期発見・治療を行うことが大切です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する