コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

狂犬病

狂犬病とは

2006年、フィリピンで犬に噛まれた日本人男性2人が狂犬病を発症し、死亡しました。これは国内では36年ぶりの狂犬病発症例となりますが、全世界では今なお、狂犬病は広く分布しており、毎年3万5000〜5万人が狂犬病の感染により亡くなっていると言われています。2006年には中国各地でも狂犬病の流行がみられ、7月には中国全土で237人が狂犬病を発症し死亡したとの報告もあります。
また、台湾も長らく清浄国でしたが、2013年野生動物で狂犬病の発生が認められました。この発生を受け、農林水産省は台湾を非清浄国として扱うこととなりました。

万が一日本国内で発症がみられた場合にも流行を防ぐことが出来るよう、犬の登録と狂犬病予防注射が法律で義務づけられています。

感染どうぶつ

ヒトを含む総ての哺乳類に感染します。

病原体

狂犬病ウイルス(Rabies Virus)

原因感染経路

ウィルスは、感染した動物の唾液中に含まれるため、狂犬病ウイルスに感染したどうぶつに咬まれ、傷からウイルスが侵入することで感染します(感染どうぶつに傷を舐められたりすることでも感染するといわれています)。

症状

ヒト・・・
潜伏期間は一般的には1〜2ヶ月で、初期は咬まれた傷の痒みや頭痛・発熱などカゼに似た症状が出ます。その後、麻痺・精神錯乱・咽頭部痙攣により水を飲むことができない状態(恐水症状)などの神経症状が現れ、数日後に呼吸停止で死亡します。狂犬病は一度発症すれば致死率はほぼ100%と言われています。

どうぶつ・・
最初は暗所に隠れたり、食欲不振・挙動異常が認められ、その後は2つの症状に分けられます。
1)狂操型(80〜85%):興奮し、攻撃的になり、よだれや咽頭部痙攣により水を飲むことができない状態(恐水症)になります。その後脳炎の進行にともない麻痺症状を起こし、死亡します。
2)麻痺型(15〜20%):麻痺症状が続いて死亡します。

治療

発病したら特別な治療法はないのですが、狂犬病の疑いのあるどうぶつに咬まれた時は、発病する前に発病予防のワクチンを接種することで発病を防ぐことができる場合もあります。

予防

ワクチンの接種によって予防できます。日本では、狂犬病予防法(※)により、犬は年1回予防接種を受けることが義務づけられています。
※生後91日以上の犬を飼う方は、飼い始めてから30日以内に登録の手続きが必要です。毎年1回必ず狂犬病予防注射を受けてください。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する