コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

チョコレート中毒

チョコレート中毒とは

人の食べ物の中で、ワンちゃんが摂取することで中毒をおこすものにチョコレートやココアパウダーがあります。チョコレートの味や匂いを好むワンちゃんは多く、目を離したすきに大量に食べてしまって中毒事故がよくおこります。匂いに誘われてワンちゃんが口にしてしまわないよう十分な注意が必要です。

原因

原料のカカオ豆には、人やどうぶつに対して毒性や薬理作用を起こすアルカロイドの一種であるテオブロミンが含まれており、心臓、中枢神経系を刺激して中毒をおこします。
テオブロミンの含有量はチョコレートの種類によってかなり違い、ビターチョコの含有量が多く、ミルクチョコ、ホワイトチョコの順に少なくなります。

症状

嘔吐、下痢などの消化器症状や血圧上昇、不整脈等の症状や、興奮、痙攣、尿失禁、昏睡などのような中枢神経系の異常がおこることがあります。ワンちゃんの体格や体質、摂取したチョコレートの種類や量によっても、症状や症状が発現するまでの時間、重症度は異なりますが、体重10Kgのワンちゃんが100gぐらいのチョコレートを摂取した場合でも症状があらわれる可能性が高いといわれています。 ちなみに一般的な板チョコは1枚で約70gですので、小さなワンちゃんの場合は一かけらでも要注意です。

治療

解毒剤はありませんので、治療の中心は、すみやかに吐かせることです。摂取してから時間が経過 してしまうと、胃洗浄が必要となったり、最悪の場合、生命への危険を伴ってきたりしますので、すぐにかかりつけの動物病院に連絡を入れて、指示を仰ぐようにしましょう。

予防

チョコレートや飲みかけのココアをテーブルの上に置いたままにして、その場を離れない、ワンちゃんの手の届く範囲に置かないようにするなど、厳重に管理をしましょう。また、日頃から、万が一のときのために、夜間・時間外などにも対応してもらえるような動物病院を探しておくと、緊急時にも安心です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する