コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

トリコモナス症

トリコモナス症とは

トリコモナス症は腸トリコモナス(Pentatrichomonas hominis)という原虫が原因で起こる病気です。
通常は無症状ですが、何らかの要因で下痢などの消化器症状を引き起こすことがあると考えられています。

原因

腸トリコモナス(Pentatrichomonas hominis)は健康なワンちゃんでも結腸や盲腸に寄生していることがあります。感染しているワンちゃんの糞便中に虫体が排出され、それを口にすることで感染します。
検便で虫体を探して感染の有無を調べますが、一度の検便では見つからないことも多く、感染が疑われる場合には複数回の検査を行ったり、試験的に投薬を行うことがあります。

症状

通常は、成犬では無症状ですが、子犬では粘液性や血様の下痢が主な症状となります。
ただ、他の寄生虫や細菌と混合感染している場合も多く、腸トリコモナスのはっきりした病原性は証明されていません。
※病原性とは、細菌、ウィルスなどの病原体が感染して体内に入って病気を起こす能力のことをいいます。

治療

トリコモナスの治療には一般的にメトロニダゾールという抗原虫薬を投与します。
投与期間を守って確実に投与することが重要です。

予防

虫体を含む糞便を口にすることで感染します。感染したワンちゃんの便の取り扱いには十分に注意しましょう。お散歩のときなどに他のワンちゃんなどの便に近づかないようにします。
また、定期的に検便を行い、早期発見・早期治療を心がけましょう。
腸トリコモナスが人の腸にも感染する可能性がありますが、病原性は無いと考えられています。
なお、人で問題となる膣トリコモナスとは異なる原虫が原因であり、相互の感染はないとされています。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する