コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

網膜萎縮

網膜萎縮とは

眼の奥(眼底)にある光を感じる細胞が集まっている場所が網膜ですが、この網膜が変性して薄くなった状態を網膜萎縮といいます。症状が進行すると失明する可能性もある病気です。ワンちゃんに発生するものは遺伝性のものが多、犬種によって発症時期や病状の進行は違いがあるようです。

原因

網膜萎縮の発症の原因としては、ワンちゃんでは特定の犬種に発生が多いことから、遺伝的要因があるといわれています。

症状

初期段階では視力障害が起こらないため、気づかないことが多いのですが、進行とともに症状が悪化し、夜間のみの視力障害から始まり、昼夜問わず視力障害が見られるようになり、末期になると視力が失われてしまうこともあります。また、犬種によって進行の速さや発症の時期は異なりますが、生後間もなくに発症すると進行が速く、病気の程度も重くなります。

治療

現在のところ、網膜萎縮に有効な治療法はありません。病気の進行を遅らせるために、内科的に投薬を行うことがありますが、効果がみられない場合もあります。

予防

発症を予防する方法はないといわれています。遺伝的な要因が関与するため、この症状がみられた場合は交配にこのワンちゃんを使用することはやめましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する