コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

上皮小体機能亢進症

上皮小体機能亢進症とは

上皮小体とは、副甲状腺とも呼ばれ、器官側面にある甲状腺の周囲に、左右二組ずつある組織です。この上皮小体からは、パラソルモンというホルモンが分泌されており、体内のカルシウム濃度を調節しています。このパラソルモンが分泌過剰になった状態を上皮小体機能亢進症といいます。

原因

原発性、腎性、栄養性の三つタイプに分類されますが、いずれのタイプも上皮小体の過形成が起こり、パラソルモンの分泌過多が引き起こされます。原発性とは、上皮小体自身が過形成を起こすなどしてパラソルモンの分泌過多を起こすもので、一般的にワンちゃんではこのケースが多いようです。腎性とは、腎機能の低下により、体内のカルシウムが排泄されてしまい、それを補うためにパラソルモンの分泌過多がおこります。また栄養性とは、食事による栄養摂取のアンバランスや日光不足によるカルシウムの吸収不全が原因となります。腎性と栄養性の二つのタイプでは、上皮小体が血中のカルシウム濃度の影響を受け、その濃度を調節するため、パラソルモンの分泌が抑制されますが、原発性の場合は、カルシウム濃度が上昇しても、パラソルモンの分泌過多は抑制されません。

症状

高カルシウム血症の症状(食欲不振、嘔吐、元気消失、多飲多尿)や尿失禁などがみられます。また、骨がもろくなり病的な骨折が起ったり、筋肉の萎縮、尿結石がみられることもあります。

治療

原発性の場合は、上皮小体の外科的切除を行います。四つとも肥大している場合には、三個を完全に摘出し、一個を残します。その後、血中のカルシウム濃度が急激に低下するため、カルシウム濃度をモニターし、必要ならば、カルシウム投与などのコントロールを行います。腎性の場合、腎不全などによりカルシウムの濃度がコントロールできない時には、カルシウム製剤やカルシトリオール(活性型ビタミンD)の投与、リンの抑制を行い、血中のカルシウム濃度を維持させます。また、栄養性の場合には、カルシウム、リン、ビタミンDを食餌でバランスよく摂取し、日光不足を改善するようにします。

予防

早期発見、早期治療が大切です。動物病院さんでのこまめな検診をお勧めします。また、適切な食餌や環境の管理を行いましょう。ワンちゃんの様子を日ごろからチェックし、上記の症状が見られるようならば、早めにかかりつけの動物病院を受診しましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する