コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

涙管閉塞(流涙症)

涙管閉塞(流涙症)とは

涙は結膜や角膜をうるおし、目頭にある穴(涙点)に吸収され、涙管を通って鼻の先の穴から出てきます。涙管閉塞とはこの涙管が塞がってしまっている状態をいいます。涙管が閉塞していると涙を排泄できず目から溢れ出てしまう流涙症となります。特にマルチーズやプードルに多くみられる病気です。

原因

涙管の閉塞は、先天的に涙管の入り口となる涙点が欠損していたり、後天的に炎症、異物、外傷などが原因で涙点が閉鎖したり、涙管が閉塞してしまうためにおこります。ある種の犬種に多く発生するので、先天的なものは遺伝的な素因が要因としてあるといわれています。

症状

涙管が閉塞しているためいつも涙があふれ出て、目の内側の下のほうが涙やけを起こすという症状が見られます。涙やけのために、目の下に細菌感染を起こし、皮膚炎を起こすことがあります。

治療

涙管の閉塞の原因となる基礎疾患がある場合はその病気についての治療を行います。他の病気がなく、閉鎖している涙管を疎通させるためには、細い管を通して涙管を洗浄する治療を行うことがあります。
洗浄を行っても疎通しない場合もあり、全身麻酔をかけて行う処置になるので、かかりつけの先生とよく相談する必要があります。

予防

先天的な涙管閉塞の発生を予防することは難しく、また、他の病気に続発しておこっている場合は、早期発見、早期治療が重要になるので、流涙やその他にも目に何か症状などがみられたら、すぐに病院を受診しましょう。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する