コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

膀胱移行上皮癌

膀胱移行上皮癌とは

腎盂、尿管、膀胱、尿道等の尿路粘膜にできる悪性の移行上皮癌のうち、膀胱にできる腫瘍を指します。ワンちゃんの膀胱腫瘍の発生率は、腫瘍全体の2%に満たないとされていますが、そのほとんどが膀胱移行上皮癌です。スコッチ・テリア、ビーグル、シェットランド・シープドッグ等が好発犬種とされ、老齢、また女の子の発生リスクが高い傾向にあることが知られています。

原因

原因は不明とされていますが、殺虫剤や除草剤等のある種の薬剤にさらされることと発生リスクとの関連性が示唆されています。また、慢性的な膀胱炎が引き金になっている可能性も否定できません。

症状

腫瘍の発生部位によって、血尿、排尿困難や頻尿等の膀胱炎に似た症状がみられます。まれではありますが、骨への転移による跛行がみられることがあります。

治療

早期に発見した場合には手術により腫瘍を切除しますが、腫瘍の発生部位や進行状況により腫瘍を完全に切除することが困難である場合には、症状の緩和のための内科的治療を行います。一般的に予後は悪く生存期間が短いことが知られていますが、適切な治療により生活の質を保つことも可能です。

予防

発症を予防することは難しいですが、早期発見による早期治療が重要となります。日頃からワンちゃんの尿の回数や排泄時の仕草、色をこまめにチェックして、気になる点があったら、早めに動物病院さんにご相談しましょう。定期的な尿検査も早期発見に役立ちます。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

プッチーさんのルルちゃんからのコメント
愛護センターから保護したマルチーズのメス、年齢はわかりませんが歯の少なく耳も聞こえていないので10歳
もちこさんのぽちちゃんからのコメント
年明けから下痢が続き病院では血液検査に異常がなく胃腸炎の点滴をしていましたが、一か月以上経っても治ら
Himeさんのクレイドルちゃんからのコメント
膀胱から尿道にかけての移行上皮癌が見つかりました。滋賀県に在住ですが、この界隈で高度医療に実績のある

コメントを投稿する