コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

腎盂腎炎(じんうじんえん)

腎盂腎炎(じんうじんえん)とは

腎臓は外側から順に皮質、髄質、腎盂という構造に分かれています。腎盂は腎臓と尿管の接続部にあたります。尿は一度腎盂に集められてから、尿管を経て膀胱に貯留されます。腎盂腎炎は、腎盂やさらに腎臓の髄質が炎症を起こしている状態をいいます。

原因

腎盂腎炎が単独で発症することは少なく、細菌性の尿路感染症に併発して起こることが ほとんどです。大腸炎やブドウ球菌などの尿路感染症の原因となっている菌が、尿管を介して腎臓へ感染することで発症します。

症状

急激に症状があらわれる急性型の腎盂腎炎と、軽微な症状が長期間続く慢性型の腎盂腎炎に区別されます。急性型では、「頻尿」、「血尿」、「膿尿(※)」、「排尿時の痛み」などの症状と併せて、「発熱」や「食欲不振」、「嘔吐」などの症状がみられます。
慢性型では「食欲の減退」や「運動をしたがらない」などの症状と「微熱」が繰り返し みられます。「軽度の多飲多尿」がみられるほかは、ほとんど特徴的な症状を示さずに経過して、慢性腎不全になってから初めて異常に気付くこともあります。
※膿尿(のうにょう)とは、膿(うみ)が混じった尿のことです。

診断・治療

尿検査、細菌培養検査、血液検査、超音波検査、X線検査により診断します。
腎盂腎炎の治療のためには長期的な抗菌薬療法が必要です。何らかの原因により免疫力が低下した状態や尿路感染症の素因となるような基礎疾患(糖尿病、副腎皮質亢進症、尿石症など)がある場合、免疫力低下の原因となる基礎疾患の治療が併せて必要です。

予防

日頃から尿路感染(※)を発症しないように定期的な尿検査を受けていただくと良いでしょう。また、「十分に水分を摂取すること」も、尿路感染予防のためには重要です。頻尿や血尿などの症状に早めに気付き、尿検査などで細菌性膀胱炎を早期発見して、適切な治療をほどこすことが腎盂腎炎の予防につながります。
※腎臓、尿管の上部尿路系、膀胱、尿道の下部尿路系のいずれかに細菌感染を起こすことが尿路感染です。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する