コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

異所性尿管

異所性尿管とは

尿は腎臓でつくられ尿管によって腎臓から膀胱まで運ばれますが、異所性尿管は先天的に尿管が膀胱以外のところにつながっている病気です。そのため、尿を膀胱に貯めることができず、常に尿を漏らしている状態になります。若齢動物における尿失禁の原因として多く認められ、特に女の子に多く発生する傾向があります。

原因

尿管は左右の腎臓からそれぞれ膀胱につながっており、このうち片方または両方の尿管が先天的に膀胱以外の場所とつながっていることで症状が起こります。犬種によっても発生頻度が異なり、好発犬種としては、ワイヤー・フォックス・テリア、ウェルッシュ・コーギー・カーディガン、シベリアン・ハスキー、トイ・プードルなどが挙げられます。

症状

膀胱に尿を貯めることができないので、尿漏れの状態になり、多くの場合、陰部の周囲の毛が尿で濡れています。また、意志による排尿のコントロールが難しい場合があり、排泄のタイミングがあわず失敗してしまうことがあります。また、尿で陰部の周りがただれて皮膚炎や、膣炎を起こすことがあります。

治療

一般的には異所に開口している尿管を正しい場所である膀胱に開口させる手術を行いますが、手術をしても、尿失禁が完全に治らない場合もあり、内服薬を併用することもあります。細菌感染がある場合には抗生剤の投与も行います。

予防

早期発見、早期治療が重要です。ご自宅ではワンちゃんの尿量、排尿回数、排尿行動などのチェックを行ない、上記のような症状がみられる場合は早めに動物病院を受診しましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する