コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

角膜炎

角膜炎とは

目の黒目部分の表面をおおっている角膜が炎症を起こした状態をいいます。シーズー、フレンチブルドッグ、パグなど鼻が短く眼が大きな犬種は目をぶつけやすいため角膜炎が多く起こるといわれています。

原因

異物が目に入ること、事故やケンカによる傷、目を強くこすったりすることなどが原因で角膜が刺激を受けるためにおこります。また、アレルギーによって起こる場合や細菌、ウィルスなどによる感染症が原因となることや、結膜炎や緑内障など、角膜炎以外の他の眼の病気が原因となっていることもあります。

症状

角膜炎は角膜に刺激を受けることによっておこるので、ワンちゃんは目を痛がりしばしばさせたり、涙や目ヤニで目の周りが汚れたりします。角膜炎が重度な場合には、多くの場合透明な角膜が白く濁り、症状が長期に及ぶと正常な角膜には存在しない血管が生じます(これを血管新生といいます)。
角膜の傷が深く、角膜表面の上皮だけでなく角膜実質におよんだ傷を角膜潰瘍といいますが、このよう潰瘍の場合、完治にまで長期の時間がかかる場合が多く、痛みも強くなります。

治療

角膜炎を起こしている原因の治療を行うことが基本となります。角膜炎に対しての一般的な治療としては、まず眼をきれいに洗眼し、抗生剤や消炎剤等の目薬による治療を行います。また、原因によって内服や注射等の治療も併用して行ないます。
角膜潰瘍など重症になった場合は、保護用コンタクトの装着や外科的手術が必要になってくることもあります。

予防

角膜炎は、放置するとワンちゃんの視力が低下したり、時には失明をまねいたりする病気です。早期発見を心がけ、根気よく治療を続けることが大切です。日ごろからワンちゃんの目をよく観察し、異常があったらすぐに獣医師の診察を受けるようにしましょう。

みなさんからのコメント

コメントを投稿する