コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

ウォブラー症候群

ウォブラー症候群とは

尾側頚椎(7つある頚椎のうち主に尾に近い部分)や椎間板の障害により脊髄圧迫を引き起こす疾患ですが、すべての頚椎で罹患する可能性があります。
「頸部脊椎すべり症」、「頸部脊椎不安定症」、「頸部脊椎症」、「頸部脊椎形成異常」などと呼ばれることもあります。ドーベルマン・ピンシャーやグレート・デーンなどの大型犬種に比較的よく認められる疾患です。

原因

病因は不明ですが、急激な成長、不適切な栄養、外傷、遺伝性など、さまざまな因子が関与していると考えられています。

症状

圧迫の程度と病変の持続期間によって大きく異なりますが、一般的に後脚にふらつきなどの運動失調がみられます。進行は徐々に前肢にまで広がり、歩行不能な四肢不全麻痺へ進行することもあります。

治療

軽症例では頸部の固定や運動制限などの保存療法や消炎剤の投与などの内科療法で長期間管理がうまくいく場合もあります。しかしながら一般的に慢性に進行する場合が多く、内科療法でも改善がみられない場合や重症例の場合には、脊髄圧迫除去を目的とした外科的療法を行います。

予防

遺伝や犬種による側面が大きいので予防は難しいのですが、「成長期の栄養を適切に管理する」、「幼少期に過度な運動をさせない」などが予防のためにたいへん重要です。また、治療期間中は「跳躍などの激しい運動を制限する」などの症状にあわせた管理を獣医師と相談しながら行い、頸部の負荷を軽減するため、首輪ではなくハーネスをつけるようにします。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する