コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

汎骨炎(はんこつえん)

汎骨炎(はんこつえん)とは

汎骨炎は、中型や大型の若いワンちゃんに見られる骨の炎症です。1本あるいは複数の骨で同時に発生します。前肢で発生することが多いですが、後肢でも起こることがあり、症状の見られる足が次々と移り変わっていくことがあります。
痛みを伴うため、跛行(はこう)が見られます。2歳齢未満の雄のワンちゃんに多く見られますが、成犬になるとほとんど見られなくなります。

原因

原因はわかっていませんが、栄養性、代謝性、アレルギー性、内分泌性などの原因が疑われています。ジャーマン・シェパードに多くみられることから、遺伝的な関連も疑われています。

症状

通常は痛みのある足を着地したがらない様子が見られ、様々な程度の跛行(はこう)がみられます。
重症になると、食欲や元気の消失、発熱などがみられることがあります。
痛みや跛行などの症状は数日から数週間続くことが多く、症状が治まったと思ったら他の足で再発するということも多いようです。

治療

炎症を抑え、痛みを軽減するために、消炎鎮痛剤による治療を行います。
安静は回復のために必ずしも必要ではありませんが、安静にすることで痛みを軽減することができます。

予防

原因が分かっていないため予防をすることは難しいのですが、栄養性の原因も疑われているので、成長期の過剰なカルシウム摂取を避けるなど、バランスの良い適切な食事を与えるようにしましょう。
成長期には汎骨炎以外にも骨や関節の疾患も起こりやすいので、歩き方などに変わったところがみられたら早めに動物病院に相談するようにしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する