コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

天疱瘡(てんぽうそう)

天疱瘡(てんぽうそう)とは

天疱瘡は、人をはじめワンちゃんやネコちゃんなど多くの哺乳動物に発生する自己免疫性(※)の皮膚疾患です。病変がみられる部位や症状に基づいて、天疱瘡は落葉(らくよう)性天疱瘡、紅斑(こうはん)性天疱瘡、尋常(じんじょう)性天疱瘡、増殖(ぞうしょく)性天疱瘡に分類されます。ワンちゃんでは落葉性天疱瘡が最も多く発生し、増殖性天疱瘡は非常にまれです。
※自分の組織を抗原として体が抗体を作り(自己抗体)、自分の組織を攻撃してしまうことによる疾患が自己免疫性疾患です。

原因

免疫が自分の皮膚を攻撃するために起こる天疱瘡は夏季の発症が多く、また夏季に悪化する傾向がみられます。表皮の細胞と細胞をつなぎとめている部分が攻撃を受け、細胞同士が離れ、皮膚に異常がおきてしまいます。紫外線、遺伝的要因、アレルギー、細菌やウイルス感染が引き金になっていると考えられていますが、はっきりとしたことは、よくわかっていません。

症状

落葉性天疱瘡では主に眼瞼(がんけん=まぶた)、鼻梁(びりょう=鼻筋)、耳介(じかい)、肉球や指の間に 炎症やそれに伴う瘡蓋(かさぶた)や脱毛が認められます。重傷になると全身の皮膚に症状がみられることもあります。
紅斑性天疱瘡は紅斑(血管の充血によって皮膚にできる赤い発疹)を伴い、落葉性天疱瘡の亜型とされています。
尋常性天疱瘡では口周り、眼の周り、肛門周囲など、皮膚と粘膜の境界部などに水疱(すいほう)や糜爛(びらん)ができます。強いかゆみのため、かき壊しや脱毛が認められます。
増殖性天疱瘡は大腿(だいたい)骨の付け根辺りの鼠径(そけい)部、腋窩(えきか)部(=わきの下)などの皮膚と皮膚が触れ合う間擦(かんさつ)部位に、糜爛(びらん)面が乳頭状に増殖する症状がみられます。

治療

細菌の二次感染がある場合は、抗生物質を投与します。また、ステロイドや免疫抑制剤を使用します。天疱瘡は一旦発症してしまうと完治が難しい病気ですので、長期間もしくは生涯の治療が必要となります。体に負担の少ない薬の量で長期間維持できるように、根気よく治療を続けることが大切です。

予防

天疱瘡は血液中の自己抗体が皮膚細胞を攻撃して起こることがわかってきましたが、自己に対しての抗体が何故できてしまうのかはよくわかっていませんので、予防の難しい病気です。
紫外線の関与が示唆されていますので、過度に紫外線を浴びすぎないようにすることは有効かもしれません。
また二次感染予防のためにも、症状が現れたら早めに動物病院さんへ行き、治療を開始することが症状の悪化を予防することにつながります。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する