コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

肛門嚢(腺)炎

肛門嚢(腺)炎とは

ワンちゃんには、肛門の左右に肛門嚢(腺)という袋が一対あります。その中に悪臭のある貯留物(液体もしくはペースト状)が入っています。この肛門嚢(腺)が何らかの原因で炎症を起こしてしまうことを肛門嚢(腺)炎といいます。

肛門嚢(腺)炎

原因

肛門嚢は肛門を時計盤の中心とすると、肛門粘膜の 4 時と 8 時の位置に開口し、排便時に貯留物を排出しています。その開口部がなんらかの原因で閉塞してしまったり、貯留物を排出する力が弱い場合などに貯留物が溜まり過ぎてしまい、さらに細菌感染が生じることで肛門嚢(腺)炎が発症します。

症状

多くの場合、ワンちゃんは肛門に不快感を覚え、気になるため肛門を舐めたり、咬んだり、肛門を床に擦りつけたり、自分の尾を追いかけるなどの仕草をします。肛門嚢炎が進行すると嚢内が化膿し、肛門付近の皮膚が破れて出血してしまう場合もあります。

治療

肛門嚢を絞って溜まりすぎている貯留物を排出させます。炎症がひどい場合や化膿が起こっている場合には薬(外用薬・内用薬)の投与を行いますが、皮膚が破けてしまっている場合には消毒や外科的な縫合が必要な場合もあります。再発が続く場合、肛門嚢自体を外科的手術によって摘出することもあります。

予防

肛門を気にするような仕草をする場合には、こまめに肛門嚢を絞りましょう。また、肛門嚢の貯留物が溜まりやすいワンちゃんは、シャンプーやトリミングの際、定期的に絞りましょう。絞り方には少しコツがいりますので、上手く絞れない時には、トリミングサロンや動物病院などにお願いするか、絞り方を教えてもらいましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する