コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

腸リンパ管拡張症

腸リンパ管拡張症とは

全身に張りめぐらされているリンパ管の中にはリンパ液が流れています。このリンパ液は毛細血管壁から血漿(けっしょう)(※)が浸出したものであり、ほぼ血漿と同じ成分でできていますが、このほかにも免疫に重要な役割を果たす白血球の一つである リンパ球が含まれています。
リンパ系は組織の過剰な液体や老廃物を回収し、小腸で吸収された脂肪分を静脈に運び、体内に侵入した病原体や異物をリンパ節に運び除去するという働きを担っています。腸リンパ管は、腸の粘膜や粘膜下組織(粘膜下織)に存在します。小腸で吸収された栄養素のうち、糖やアミノ酸は毛細血管に入りますが、脂肪分は腸リンパ管に入り、リンパの流れに乗って静脈まで運ばれます。
※血液から赤血球や白血球などの血球部分を除いた液体成分が血漿です。

腸リンパ管拡張症は、何らかの原因でリンパの流れが妨げられ、リンパ管が拡張し、機能不全を起こす病気です。リンパ管の中のリンパ液には、血管から浸出した血漿蛋白が溶解した状態で含まれていますが、拡張して破たんしたリンパ管から血漿蛋白が大量に腸管腔内に漏れ出るため、低蛋白血症を起こします。腸粘膜から蛋白が喪失してしまう病気が蛋白漏出性腸症ですが、腸リンパ管拡張症もその原因疾病の一つです。

蛋白漏出性腸症についてはこちらをご覧ください。

原因

先天性のリンパ管形成不全によるものと後天性のものがありますが、ワンちゃんでは先天性のものは稀だといわれています。後天性のリンパ管拡張症では、腸管の炎症を伴う疾患(炎症性疾患)に続発してリンパ管の閉塞が起こり、リンパ管内圧の上昇に伴いリンパ管拡張が起こるというものが、最も一般的な原因として挙げられます。また、リンパ管を圧迫するリンパ腫のような腫瘍や肝硬変、右心不全などのようなリンパ管内圧を上昇させる疾患に続発する場合もありますが、原因が特定できない場合も多く見られます。

症状

食欲不振、体重減少、慢性的な下痢が見られます。また、低蛋白血症に伴い、血漿の浸透圧が下がり、血液中の水分が血管外に漏れ出して浮腫や腹水、胸水などを起こすこともあります。

治療

残念ながら、現在のところ効果的な根本治療はなく、症状の抑制や改善といった対症療法が中心となります。また、原因疾患の治療に加えて、一般的には低脂肪食、高蛋白質といった食事療法、腸の炎症を抑えるステロイド療法、食物アレルギーが関与している場合は除去食によるアレルギーの治療などが行われます。腸リンパ管拡張症の食事療法において、特に重要なのは脂肪分の摂取に関する点です。
食事中に含まれている脂肪は、分子構造の違いから長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸に分けられますが、この中で長鎖脂肪酸は腸管のリンパの流れを刺激してリンパ管を拡張させ、腸管内への蛋白の喪失を大きくします。ところが一般的なペットフードに含まれる脂肪の多くは長鎖脂肪酸なので、なるべく脂肪分を制限したフードを利用し、ココナッツオイルやMCT(中鎖トリグリセリド)パウダーなど、リンパの流れを刺激しない中鎖脂肪酸を多く含む食品を利用して摂取カロリーを補うことが推奨されています。また、食物繊維は長鎖脂肪酸の吸収を抑制してリンパの流れを減少させることができますので、高繊維食が望ましいとされています。
加えて、腸リンパ管拡張症は脂質の吸収不良を起こすので、脂溶性のビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK)を補っておくことも必要です。重度になると、対症療法として、状況に応じてアルブミン製剤の投与や膠質輸液剤(こうしつゆえきざい)といわれる血漿の浸透圧を維持するための輸液剤の投与、血漿輸血などが行われます。

予防

病気の発生自体を予防することは難しいので、食欲不振、体重減少、慢性的な下痢など、気になる症状が見られたら早めに受診をして早期発見・早期治療を行うようにしましょう。
腸リンパ管拡張症の確定診断は、全身麻酔をかけて内視鏡や試験開腹での腸の生検によって行いますが、低蛋白血症や衰弱が進んでしまうと検査自体の負担やリスクが大きくなってしまいます。適切な時期に検査を行うことができるように、早期の段階で受診するようにしましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

あんさんのナラちゃんからのコメント
ボーダーコリー12歳のナラもリンパ管拡張症です。下痢が続いていて変だなと思い病院にに連れて行き血液検
みかさんのぼうのすけちゃんからのコメント
ラブラドール8才オスのボーは、腸リンパ管拡張症と診断された時は、既にアルブミンが1.5でした。高蛋白

コメントを投稿する