コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

唾液腺嚢胞

唾液腺嚢胞とは

唾液腺とは唾液を分泌する器官であり、ワンちゃんには、耳下腺、下顎腺、舌下腺、頬骨腺の4つの唾液腺があります。唾液腺嚢胞とは、唾液腺や唾液管が損傷などを受けた結果、皮下組織に唾液が漏れて溜まってしまう病気で、ワンちゃんでは舌下腺と下顎腺での発生が多いといわれています。唾液腺粘液瘤、唾液腺嚢腫と呼ばれることもあります。

原因

感染症や口腔内の炎症、外傷などが原因で唾液を分泌する管が損傷を受けたり閉塞することで、唾液が漏れて皮下組織の中に蓄積することにより起こります。

症状

嚢胞ができた部位に唾液が溜まるため、あごの周りや舌、咽頭部に大きな腫れが認められます。
通常痛みを伴わないことが多いのですが、口腔内に出来た場合には摂食障害や嚥下障害(うまく飲み込めなくなること)、咽頭部に出来た場合には、呼吸困難を起こす場合もあります。
なお、発生する4つの唾液腺の部位により、下記のように分類されます。
・頸部唾液腺嚢胞 ・舌下部唾液腺嚢胞(ガマ腫) ・咽頭部唾液腺嚢胞 ・頬部唾液腺嚢胞

治療

温存療法として、嚢胞にたまった唾液を穿刺して抜く方法もありますが、再発することが多く、その上感染をして化膿することもありますので、根治治療としては、外科的に切開して排液し、原因となっている唾液腺を切除します。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する