コメントを書く・読む

  • (病気の種類で調べる)

血管肉腫

血管肉腫とは

血管肉腫は、血管内皮由来の細胞が腫瘍化することによって起こる悪性腫瘍です。発生部位は脾臓や心臓の右心房、皮下組織、肝臓などに多いといわれていますが、その他の部位にみられることもあります。

原因

血管の内壁を覆う細胞である「血管内皮細胞」が腫瘍化することによって起こります。皮膚および皮下に生じる血管肉腫は、太陽光線や放射線への暴露、外傷や鬱血などが原因になるといわれています。高齢のワンちゃんに多く、またジャーマン・シェパードやゴールデン・レトリーバー、ボクサーなどが好発犬種だといわれています。

症状

腫瘍が破裂した場合には、急性の出血による虚脱や急変がみられることがあります。また、貧血や 止血異常がみられることがあります。血管肉腫のできる場所によって、以下のように病気に気付く症状が異なります。
・皮膚にみられる血管肉腫の場合は、腫瘤がみつかることで病気に気付くことが多い。
・心臓にみられる場合には、心不全や不整脈の症状で病気に気付くことが多い。
・脾臓に見られた場合は、腫瘍が大きくなったり、腹腔内に血液が貯留することにより、腹部が膨満することもある。
・骨に血管肉腫がみられる場合には、跛行を示したり、病的骨折を起こしたりする場合もある。

治療

外科手術により腫瘍の摘出を行うことが一般的ですが、手術後の生存率は低く、痛みを取り除いたり、進行を遅らせたりすることが、主たる目的となる場合もあります。また、外科治療に併せて、抗がん剤を併用することもあります。皮膚の血管肉腫以外は特に転移しやすく、進行が速いといわれています。

予防

発症原因がはっきりわからないので、発症そのものを予防することは困難です。しかしながら、早期発見による早期治療が重要となりますので、定期的に検診を行うことや、様子に変わりがないかを注意してみることが大切です。気になる症状がある場合には早めに動物病院を受診しましょう。

同じ病気のおともだち(闘病日記)

みなさんからのコメント

コメントを投稿する